【保存版】おすすめkindle端末コレだ!気になる機種をとことん比較 – Tokyo game station

【保存版】おすすめkindle端末コレだ!気になる機種をとことん比較

スポンサーリンク

初めてのkindle端末はどれを選ぶ?目的別オススメ機種を紹介

初めて電子書籍を購入する人にとって、いろいろなkindle端末が発売されているけど「どれを選んだら良いのかわからない」という方、多いかもしれません。

そこで、初めての書籍kindle端末の購入するという方に、現在発売中のkindle端末5機種の機能の違いや、目的別の選び方を実際にkindleを購入してきた使用者の目線でわかりやすく比較してみました。

是非、端末選びに悩んでいる方の参考になれば幸いです。

Kindle (Newモデル) Wi-Fi(迷ったらコレで決まり)

Kindle (Newモデル) Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル [amazon]

販売価格8,980円(税込)

重量161グラム

バッテリー数週間

安い、軽い、長く使えると3拍子揃った圧倒的なお買い得おすすめモデル

Kindle Oasis(35,980円)は重量131グラム( wifiモデル)なので、それには負けるけどKindleの中では、これに次ぐ2番目の軽さを実現。

Kindle (Newモデル) Wi-Fiはアマゾンプライム会員向けに、さらに4,000円割引販売を実施している事もあるので、タイミングが合えば4,980円で購入できることも。

kindleの中でも超人気の普及モデルですので、本体販売では利益度外視という感じ。

解像度は167dpiという事で、他のkindleがすべて300dpiなので半分ほどの解像度になりますが、小説などテキスト中心の書籍ならこのkindleで何も不自由なく楽しめます。

価格が安いからどこでも持ち出せる

販売価格8,980円(税込)

amazonプライム会員向けセールとタイミングがあえば販売価格4,980円(税込)で購入できるので気軽に購入できて、気軽にどこでも持ち出せるのが大きな強み。

だって、高価な端末なら気を使いますし、ガンガン使い込む上でも躊躇してしまいそう。でもこちらのkindle端末はとにかく安いので、壊れたら買い直せばいいし、落としてもあまり気にせずに使えるので、どんどん外に持ち出して読書をする気になれます。

また、このkindleはタブレット端末とは違って液晶が光で反射しないため、太陽の下でも読みやすいのが特徴。一度充電するとバッテリーも数週間持つので電子書籍である事も忘れてしまいそう。

重量は161グラム!

iPhone7Plusが188グラム、 iPhone7が138グラム、iPhone7以上、plus未満という感じ。これなら片手に持って電車通勤で使うのも実用的ですね。

迷ったらKindle (Newモデル) Wi-Fiがおすすめです。

Kindle Paperwhite Wi-Fi

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つき [amazon]

Kindle (Newモデル) Wi-Fiにスクリーンバックライトを搭載、解像度は300dpiにアップ、無料3G回線付きも選べるのがこちらもモデル。Wifiモデルは税込14,280円、3G回線モデルは税込19,480円

バックスクリーンがついているので暗い場所でも読めるし、解像度がアップしているので漫画も読みたいという方は候補に入ってくると思います。

ここにKindle (Newモデル) Wi-Fiに対して5,300円、3Gモデルなら10,500円を追加出費できるかが判断の分かれ目になります。

無料の3G回線ってどうなのよ?

無料で3G回線が使えると聞くと夢のような話に聞こえるかもしれません。

どこにいても追加の通信料金無しで本を購入できるため、欲しい時に本をダウンロード購入できます。

これは非常に便利!というわけで、私も過去に3Gモデルを選んだ事がありますが、kindle本を購入する時はいつもWiFi回線がある場所で購入しているし、まとめ買いすればいいので、3G回線を使う事はあまりありませんでした。

よってご自身のライフスタイルや、行動特性をよーく分析、検討した上で3G回線が必要ならば選ぶ事をおすすめします。

あまり必要ないなぁ、という方はWifiモデルを選んでおいて問題ありません。

使うかもしれないし、使わないかもしれないし・・・と迷っている方は一番安いKindle (Newモデル) Wi-Fiをとりあえず購入しておいて、かなり使い込んでいる状況が続いたら、3G回線付きを買い直すくらいでもいいかもしれませんね。

ちなみに、こちらもモデルもアマゾンプライム会員向けに、さらに4,000円割引販売を実施している事もあるので、タイミングが合えば10,280円から購入できることも。

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つきモデル [amazon]

販売価格16,280円(税込)

重量205グラム

バッテリー数週間

スクリーンバックライト付き

本体データ領域は32G(通常モデルは4G)

保存データ領域をガンガン使ってしまう漫画をkindleで読みたいなら、このモデルを選ぶべし!従来の8倍の32Gの本体メモリーとなっているので約700冊のマンガを保存できます。

という事は従来モデルで漫画を読もうとすると計算上87.5冊しか保存できないというわけなので、従来モデルは小説中心でたまに漫画を読む人向け、当モデルは漫画もガンガン読んでいきたい人向けという住み分けができそうです。

本体容量が少ない従来モデルでも、購入した漫画はオンライン上で容量無制限で保管はできるので、都度ダウンロードすれば、本体容量は気にする必要はないかもしれません。

ただし、それが面倒という人はKindle Paperwhite 32GB、マンガモデルを選んでおくとストレスフリーでkindleが楽しめるというわけですね。

Kindle Voyage Wi-Fi(ボジャージュ)

Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー [amazon]

販売価格23,980円(税込)

重量180グラム(wifiモデル)

バッテリー数週間

スクリーンバックライト付き(従来モデルよりもLEDが2つ多い6つ仕様)

明るさ自動調整機能付き

ページ送りボタン付き

薄さ7.6mm(現行kindleの中で一番薄い)

voyageとは航海、船旅という意味。

現行kindleの中でもっとも薄く、操作しやすい物理的なページボタン付き

より電子書籍を深く、快適に楽しむ方におすすめのプロフェッショナル上位モデルになっています。

ページ送りボタン、明るさ調整機能はかなり便利

他のkindleはタッチパネルでページめくりをしていましたが、このモデルはタッチパネル以外にページめくりボタンが独立して装備されています。

タッチもスワイプも不要で、端末を持った状態で軽く握るだけでページめくりが可能。ページをめくると微弱な振動を感じる事ができるので、ページをめくった感も認識できるのも素晴らしい機能ですね。

さらに周囲の明るさにあわせてディスプレイのバックライトが自動調整されるので、何も気にせず読書に集中できます。

値段はしますけど、それだけの価値ありますね。

Kindle Oasis Wi-Fi バッテリー内蔵レザーカバー付属

Kindle Oasis Wi-Fi バッテリー内蔵レザーカバー付属 ブラック キャンペーン情報つきモデル [amazon]

販売価格35,980円(税込)

重量131グラム(wifiモデル、カバー無しの状態)

バッテリー数ヶ月(デュアルバッテリー方式)

スクリーンバックライト付き(LED10個仕様)

ページ送りボタン付き

kindle最高級モデル。

最軽量の秘密は端末内蔵バッテリーと、付属のカバーに内蔵しているバッテリーのデュアルバッテリー仕様だから。

本体のバッテリー容量を減らす事で131グラムの軽さを実現しています。

よってもっとも薄い部分はなんと3.4mm、軽くて、持ちやすい形をしていて、本体バッテリーが不足してきたら、付属のカバーをつける事でカバーに内蔵しているバッテリーから電気を供給できるため、2つのバッテリーを併用することで、数ヶ月間、充電無しで使えます。

kindleフラッグシップモデルだけのことはあります。長年kindleを使い続けてきた方には買い換え用端末としておすすめです。

まとめ:キャンペーン付き無しモデル、何が違うの?どっちがおすすめ?

各端末ともキャンペーン付き、キャンペーン無しモデルが選択できます。

キャンペーン有りモデルは、無しモデルに対して+2,000円安く価格設定されており、お買い得感があるのですが、その代わりとして端末をオンにするたびに広告が表示されるというもの。

この広告が表示されるのが「うっとおしい」と見るか、「いろんな広告が表示されて面白い」と見るかは、人それぞれの価値観次第。

個人的には全然気にしないので、それで2,000円安く購入する方を選んでしまいますが、端末をオンにするたびに広告が表示されるというワンステップが入ってしまうことが嫌な方は迷わずキャンペーン無しモデルを選んでおきましょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加