【互換エミュレーター開発中?】PS4でPS2のゲームが遊べるようになる!? – Tokyo game station

【互換エミュレーター開発中?】PS4でPS2のゲームが遊べるようになる!?

スポンサーリンク

PS4でプレステ1、2のゲームが遊べるようになる!?

海外大手ゲームフォーラムNoGAFにて、PS4の今後のシステムソフトウェアアップデートに実装して欲しい機能について、SCEが一部ユーザーに送ったアンケートの画像が公開されました。

そのアンケートの中には

PlayStation1クラシックス

PlayStation2クラシックス

という項目があり、PS4でこれら過去のプレイステーションゲームが遊べる可能性を匂わしています。

しかし、一方でPlaystation3やPSP向けにPS1、PS2アーカイブスがダウンロード形式で配信されており、それに準ずる機能ではないか?という憶測も立っているようです。

ユーザーが希望するのはPS4でPS1、PS2のディスクがプレイできる機能

多くのゲームファンが望んでいるのはダウンロードで昔のゲームを購入できるようになるPS1、PS2アーカイブス方式ではなく、手持ちの古いPS1、PS2ゲームディスクがそのまま遊べる機能ではないでしょうか?

PS3の初期モデルではハードウェア的にPS1、PS2の互換機能を持っておりましたが、コスト高になるという理由から、PS3後期モデルではその機能が撤廃されました。

実際にPS1、PS2ともに古くなったハードでゲームをプレイするのは、そろそろ限界に近づいている一方で、過去の古いゲームを未だにプレイしているファンも多く、PS4でのプレイ機能には一定のニーズがあると思われます。

PS4ならHDMIなどの高画質な主力端子や、グラフィックエンジンを実装しており、昔のゲームがよりクリアな映像でアッパーコンバージョンで楽しめるのでは?という淡い期待を抱いてしまいたくなりますね。

過去タイトルはDL販売で再び売上が期待できる

仮にPS4でPS1、PS2のディスクが動くようになった場合、中古ゲームショップでは昔のゲームの売上が一時的にあがるかもしれませんが、ハードメーカーや、ソフトメーカーとしては何も見入りがないのは事実です。

そうなるとディスクを動かす事にコストを投下してもハードメーカー、ソフトメーカーともに意味はなく、ダウロード販売によって新たな収入源を確保しようというのが自然な流れのように思います。

よって、今回のアンケートからPS1、PS2アーカイブスのPS4上でのダウンロード販売が妥当なラインではないかと思うのですが、皆さんはどのように思われますか?

PS4でのPS1、PS2アーカイブスDL販売にはハードルも?

もともとPS4上で動かすためにPS1、PS2を開発しているわけではありませんので(当たり前の話ですがw)、PS1、PS2のプログラムの中には新たに権利処理が必要な事項が含まれていたりする可能性もありますし、何よりもゲームそのものに使用されている声優の二次使用や、キャラクター版権処理などダウンロード販売を行うにあたって、お金と時間がかかってくる事は想像できます。

そこまで手間をかけて、いったい幾らダウンロードで収益が上がるのか?ソフトメーカーは計算する必要がありそうですが、これだけスマートフォンなどのゲームが広まっている世の中、過去のPS1、PS2のゲーム販売に、どこまで消費者はお金を払うのかという課題が出てきます。

そうなると、結局のところダウンロード販売にたどり着けるのは、既にPS3でもアーカイブ販売を行っている、いつもの顔ぶれになってしまう可能性はありそうですね。

まとめ

スマートフォンのゲームに慣れてしまうと、最新のハイエンドなゲームは大画面でプレイしたいなぁ、と思いつつも、PS1、PS2時代のクラシックなゲームは、できればスマホやPSVitaなどのポータブルゲーム機でプレイしたいと思ってしまいますね。

でもPS4でプレイする事でPS1、PS2のFFがクリアな映像でプレイできるような機能がついていたら、ちょっとプレイしたくなるかもしれませんがw

というわけで、最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加