[ソフトバンク]一部の3Gサービス終了へ!そういえばPSVITA 3Gモデルも今後が気になるゾ

スポンサーリンク

【ソフトバンク】一部の3Gサービス終了へ

ソフトバンク お父さん 土鍋セット

12/11ソフトバンクから2017年3月末以降に1.5GHz帯/1.7GHz帯の3Gサービスが終了することが発表されました。帯域をLTEサービスに振り替える事で、より大容量、高速なサービスの提供を行い、ユーザー満足度をアップさせていくようです。

ちなみに、1.5GHz帯LTEサービスは2017年4月以降、1.7GHz帯LTEサービスは18年2月以降順次拡大予定との事です。

一部の3Gサービス終了で結局のところどうなるの?

ソフトバンクの発表によると1.5GHz帯は終了にあたり、2016年9月以降、1.5GHz帯 3Gサービスについては関東の一部地域で下り最大通信速度が低速化したり、3Gサービス終了に伴い、3G対応の料金プランも終了するとの事で利用できなくなる料金プランや、機種が出てくるとの事です。

また、Y!mobile(旧ウィルコム)ユーザーについても終了するプランや、使えなくなる機種が出てくる予定で、その影響範囲はソフトバンクよりも大きい様子。

これにより機種変更キャンペーン等も予定しているという事なので、対象機種についてはソフトバンクの公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

出典:ソフトバンク

PSVITAの3G回線も今後が気になる

PlayStation Vita (プレイステーション ヴィータ) 3G/Wi-Fiモデル クリスタル・ブラック 限定版 (PCH-1100AB01)

ちなみに、既にWiFiモデルしか生産されていないPSVITAですが、発売初期においては3Gモデルもラインナップされていました。PSVITAの3G回線はドコモが提供していますが、今回のソフトバンクの発表からもわかるように、3G回線は、より高速のLTEに切り替えられていくものと思われます。

これも時代の流れという事で、仕方ないところではありますがPSVITAで3G回線を使っているユーザーとしては今後が気になるところですね。

まとめ

ゲーム機のライフサイクルは5年くらいと言われていますが、特にインフラ関係の技術革新は、それ以上のスピードで進化を遂げているのも事実。ライフサイクルが比較的長いゲーム機に通信回線を内蔵するのは、ちょっと相性が悪かったかもしれませんね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加