アメックスプラチナからグリーンに変えて感じたステータスと価値観の変化

スポンサーリンク

アメックスグリーンはかっこいい!あえてグリーンがおすすめ

みんな憧れるアメリカンエクスプレスのプラチナカード

年間費143,000円もするため結構な出費になります。

実は数年にわたってアメックスプラチナを持っていましたが、アメプラから一般カード(通称クリーンカード)に変更をしました。

年会費143,000円のアメプラから13,200円のグリーンに変更をした理由

結果、感じたことについてお話をしたいと思います。

これからアメプラを狙っている人、

もしくはアメプラからグリーンに変更を検討している人

ぜひ参考にしてみてください。

アメックスプラチナに必要な年収は

まず結論として必要な年収はわからないです。

ただし私の場合、年間に200万円を2年間続けたらインビテーション(招待状)が届きました。

200万円という金額は一見高額に見えますが、生活費の多くを当時所有していたアメックスゴールドに寄せれば、それほど難しい話ではありません。

年収は平均的な年収程度ですから実はそれほど高くありません。

アメックスプラチナのステータスを感じる場面は

実際に使ってみて感じたステータスについて正直にお話すると

海外旅行の時は結構ステータス感ありました。明らかに対応が違います。

ただしそれ以外ではほとんどステータスを感じるのは実はなく

自己満足の世界でステータスを感じる程度でした。

むしろ高級なバーとかで使っても、みんなステータスの高いカードばかり使うようなお店ですからバーのマスターからすると、なんとも感じないそうです。

むしろ後述しますが、高級なバーでそこそこのお会計なのに

アメックスのクリーンカードを出される方がインパクトがあるそうです。

アメックスプラチナを所有して感じたメリットは?

アメックスプラチナを使って体感した最大のメリットはなんといっても

コンシェルジュの対応が素晴らしいという点につきます。

これは使ってみないとなかなか実感できませんが

対応が素晴らしいので家族カードを作成して家族がメインで使っていました。

アメックスプラチナからグリーンに変更した理由

そんあアメックスプラチナをグリーンに変更したわけですがそれには理由がありました。

①年会費143,000円分も使いこなせない

たぶん10分の1も使いこなせていなかったと思います。

そのくらいに普段の生活をしていると使う時間がないのです。

最近はコロナの影響で海外旅行にも行けませんし、国内旅行もままなりません。

まして夜のバーにも行けませんから持っているだけの状態なっていました。

ならば無駄に143,000円の年会費を払い続けるよりは、13,200円のグリーンカードに変更することにしたわけです。

②アメックスプラチナよりもグリーンカードの方がかっこいいと感じた

これは加齢に伴う価値観の変化なのですが

アメックスプラチナよりもグリーンカードの方がデザイン的や、使っている自分がかっこいいと感じるようになったわけです。

前述の高級バーの話もそうですが

高級なバーに通う人の多くはハイステータスなクレジットカードを使っています。

でもその中で、そこそこの支払いだけどアメックスのグリーンカードで支払うということに、価値を感じてくれたりするわけです。

有名な話でビルゲイツや、ウォーレンバフェット氏はあえて支払いのためにグリーンカードを使っているわけですが、二人とも倹約家で高額な年会費をクレジットカードにかけることに価値を見出していないわけです。

その二人の真似をしたいが為ではないのですが

私も高額な年会費を支払うだけの価値を見出せず、クレジットカードとしての基本的な機能や特典としてはアメックスのグリーンカードで十分と考えたわけです。

その分、浮いた差額を本当に楽しいことに使った方が人生楽しめると考えたわけです。

アメックスプラチナからグリーンに変更するためには

アメックスプラチナからグリーンに変更するには

プラチナコンシェルジュに電話してその旨を伝えればすぐに切り替えをしてくれます。

その際に、一応、形式上、本当に切り替えて良いのか?聞かれます。

再び、アメックスプラチナが欲しくなっても審査が必ずしも通るわけではない

という話もいただきます。

電話自体はものの10分で終了です。

最近はアメックスプラチナもインビテーションではなく自己申告制になったので

そのあたりの敷居の低さが影響しているのかもしれませんが

強烈に引き止められることはありませんでした。

アメックスプラチナからグリーンに切り替えて変わったこと

アメックスプラチナからグリーンに切り替えて何がかわったのか?

結論としては「何もかわりませんでした」

クレジットカードとしては普通に使えるし

グリーンカードの特典を使う機会もないし

ただ日常的な支払い用カードとして使っています。

先日、ゴールドカードに切り替えませんか?という招待状が届きましたが、グリーンカードで全く問題ないのでそのままにしています。

そもそも世の中の多くの人、特に若い人はアメックス自体を理解していません。

だからといって年配の人の前でアメックスを見せびらかしても、そこに対して感心を寄せるような人は周囲にはいないのです。

つまり、クレジットカード全般にいえることですが

クレジットカードのステータスを感じる場面の多くは他人ではなく自分なんですね。

自分自身がステータスを感じ続けているなら、そのカードを持ち続ければいいし

ステータスが薄れて年会費と釣り合わないと感じたら解約すればいい

ただそれだけの話だと、改めて感じました。

楽天カードで十分すぎるかも

楽天プレミアムカード

ちなみにクレジットカードとしては楽天カードが最強です。

もうこれは疑う余地はなく、無料で作れる「楽天カード」を持っていれば十分です。

いろいろな特典(オプション)をつけたければ、ゴールドプレミアムを選べばいいだけで、クレジットカードとしてのステータスを除外すれば楽天カードは最強だと思います。

「え!!楽天カード使っているの?」

みたいには誰も思いませんし、そう感じるのは自分自身がそう感じているに過ぎないだけです。

まとめ

アメックス歴としては

ゴールド→プラチナ→グリーン

という流れで一通り体験してきたわけですが。プラチナの上にあるブラックカード(センチュルリオン)にはちょっとだけ興味があります。

しかしこれは普通の会社員では到底所有できないカードですから

起業、会社経営するしか選択肢はありません。

サラリーマンからの起業、会社経営は相応の勇気が必要ですが

センチュリオンを所有するために起業しよう!というモチベーションを高めるためには有効な手段かもしれませんね。

というわけで今回はここまで。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加