【比較】3DS本体は中古、新品どっちがオススメ?(メリット&デメリット)

スポンサーリンク

【比較】3DS本体は中古、新品どっちがオススメ?(メリット&デメリット)

限られた予算の中で3DSのゲームを楽しむためには、できるだけ本体は安く購入したいですね。中古、新品のどちらを購入しようか迷っている方も多いと思いますが、それぞれのメリット、デメリットについて比較分析してみましたので、ニンテンドー3DS本体を購入検討されている方は参考にしてみてください。

ニンテンドー3DSの新品、中古本体の市場価格ってどのくらい?

多くのモデルが販売されている3DS本体ですので、その価格はピンキリです。そこでもっとも低価格と思われるニンテンドー3DSの初期型と、高価格と思われる現行型のNewLLの価格差を調べてみました。

ニンテンドー3DS メタリックレッド

初代ニンテンドー3DS新品は1万円から12,000円くらい、中古は8,000円程度となっています。(2016年7月時点)

Newニンテンドー3DS LL パールホワイト

最新型のNewニンテンドー3DS LLが新品で2万円、中古品で15,000円くらいです。(2016年7月時点)

いまから購入するならば大画面の3DS New LLがオススメなので、3DS LLの新品本体と中古本体価格の差額5,000円が節約できる最大の価格差になりそうです。

つまり価格差は5,000円、3DSの新作ソフト1本分に相当します。

この価格差を節約して中古の3DS本体を選ぶ必要があるか?という点が検討ポイントになりそうです。

3DS本体を中古で購入する事によるリスクは?

初代3DS本体が国内で発売されたのが2011年、現行型new 3DS LLは2014年発売となります。つまり中古で購入する場合、初代3DS本体については最大5年前、new 3DS LLについては2年前の初期型に当たる可能性もあります、

同じ中古品でもクリーニングして販売しますから見た目は綺麗なものが多くても、その中身の仕様状況については前のオーナーがどのような使い方をしていたのかわからないため見分けがつきません。

最初は問題なく使えていても、商品には耐久度というものがありますので、ある日、突然、ボタンが効かなくなるという事もありえるのです。

ノートパソコンや車の場合、稼働時間というものが本体や、車のメーターで記録されますが3DSの場合、どのくらい酷使されたのか知る余地がないという点が中古商品の大きなリスクとなります。

中古のノートパソコンや中古車は使用時間によって値段が安くなったり、使用状況と価格は連動するのですがゲーム機はそういった点がありません。

24時間電源が入りっぱなしだったかもしれませんし、まったく使われていない新古品に近いような3DS本体もありますが、見た目からは判別困難です。

ゲーム機は消耗品であるという点を知っておこう

あまり知られていませんが、ゲーム機は消耗品です。

十字キーやボタンは使った瞬間から劣化が始まりますし、液晶画面も焼き付けが始まります。

この点を考えると中古品を購入する際も、車を購入するときに試乗をするように、一通りのボタンや液晶チェックはしたいものですが、実際に中古で購入するときに動作チェックをして中古の3DS本体を購入する人はほとんどいないと思います。

新品の3DS本体ならメーカー保証は購入から1年ついてきます。これは大きいですね。

一度購入したら長く使う3DS本体ですから、最大5,000円節約するために、このリスクを負いメーカー保証も無し、という点をどう考えるかが中古か、新品か選ぶ基準になりそうです。

見た目は同じ3DSでも新しいほど品質改良がされている

ところで見た目は同じ初期型3DSでも発売から5年、new3DS LLは2年過ぎていますので、その間、ゲーム内のパーツは改良が加えられていると考えられます。

お客様からの意見や不良パーツが見つかった場合は、どんどん商品にフィードバックして改善していくのが一般的ですから、同じ型番のゲーム本体ならば新しい本体であればあるほど、品質向上していると考えるのが一般的でしょう。

Newニンテンドー3DS LL本体+ソフトセット( Newニンテンドー3DS LL ピカチュウ【イエロー】&ポケットモンスター サン[オンラインコード:ソフトはメールで配信] 【Amazon.co.jp限定特典】オリジナルマイクロファイバーポーチ2種(イエロー/ブラック))

最近は限定版本体なども多数発売されていますので、新品の3DS本体ならそういった他にはない自分ならではの本体を購入する事ができますし、その方が総額の値段がお得だったりする事もあります。

まとめ

結論としては、新品の3DS本体がオススメです。

長く使うニンテンドー3DS本体ですから、この程度の新品、中古本体の価格差で中古である事のリスクを負うのはちょっと重たいかもしれません。

一方で、とにかく予算が限られているので安く抑えたいという方は中古本体という選択肢もありえると思いますが、このようなリスクがあるという事を踏まえて選ぶのが良いと思います。

新品3DS本体ならば最近発売された「ライムブラック」の鮮やかな新色がおすすめ。こういった新色本体を選べるのも新品の魅力です。

 Newニンテンドー3DS LL ライム×ブラック

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加