【比較】PSVR新型発売・旧型の性能の性能の違いは?品薄になる前に予約がおすすめ

スポンサーリンク

持っている人は買い直す必要あるの!?気になる新型PSVRを徹底分析してみた(発売日2017年10月14日)

2016年10月13日の発売日から、ちょうど1年後にあたる2017年10月14日にPSVR(PlayStationVR)の新型が発売されることが決定しました。

前機種よりも5,000円安くなって最新機種は旧型と比べてどこが変わったのか?既に持っている人は買い直す必要があるのか?

前回、最大の課題だった品薄は解消されるのか?

気になるポイントを分析してみたいと思います

最新モデルと前モデルの違いを比較してみました

新型PSVRと旧型の違いを比較してみました

最新モデル:CUH-ZVR2

発売日:2017年10月14日

価格:44,980円(税別)

変わったところ:ユーザビリティの向上(使いやすくなった)

どこが使いやすくなったの?

・PSVRのヘッドセット後部にステレオヘッドホン端子を配置したことで、VRヘッドセットとプロセッサーユニットの接続ケーブルをスリムな1本のケーブルにまとめた

・プロセッサーユニットがHDR映像のパススルーに対応

機能的な違いはこれだけ。

つまり、使いやすくなったというだけで、解像度がアップするなど、上位機種的なパワーアップはないようです。よって、既に前機種を持っている人は、改めて買い直す必要はなさそうですね。

PSVR本体やユニットのサイズ感に違いは?

[旧型]PlayStation VR[amazon]

とはいえ、約5,000円安くなっているわけですから、なにかしらのコストダウンがされているはず。

というわけで、PSVRヘッドセットや、プロセッサーユニットのサイズ、大きさ、重量などを比較してみました。

型番 CUH-ZVR2(新型) CUH-ZVR1(旧型)

ヘッドセットサイズ

変更なし 約187 × 185 × 277 mm(幅×高さ×奥行き)

ヘッドセット重量

約600 g 約610 g

ディスプレイ方式/サイズ/解像度

変更なし OLED/5.7インチ/1920×RGB×1080
リフレッシュレート/視野角 変更なし 120Hz、90Hz/ 約100度
プロセッサーユニットサイズ 約150 x 39 × 114 mm(幅×高さ×奥行き) 約143 × 36 × 143 mm(幅×高さ×奥行き)
プロセッサーユニット重さ 約300g 約365g

PSVR本体、プロセッサーユニットともに重量は軽くなっています。

一方で、新型のプロセッサーユニットだけ若干サイズに変更あり。いずれもコストダウンのため中の基盤設計に変更があったと推測できそうです。

新型発売にあわせて取り扱い店舗を2倍以上に拡大

ソニーの発表によると、最新モデルPS VR(CUH-ZVR2)の発売にあわせて、取り扱い店舗を394店舗から913店舗(2倍以上)に拡大するとのアナウンスがありました。

前回、品薄で手には入らない人も多かった中で、取り扱い店舗数を拡大するということは、それだけの台数を投入するということのこと!?

取り扱い店舗を単純に増やしても、再び品薄になっては意味がないため、今回は相当量の出荷が期待できそうですね。

2017年10月以降、体験イベントも開催されるそうなので、情報をこちらでチェックしておきましょう。

疑問①:PSVRで映画は観れるの?

SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer” HMZ-T2 [amazon]

ソニーといえばかつて発売されていた映画が観れるヘッドマウントディスプレイが人気でしたが、PSVRでも「シネマティックモード」という機能で映画を見ることができます。

よって、ゲーム機としてだけでなく、最大226インチ相当の、ちょっとしたプライベートシアター的なサイズで映画が楽しめるヘッドマウントディスプレイとしても使えます。

さらにアップデートで3D仕様のブルーレイディスクにも対応し、自宅にいながら大画面の3Dシアターも観ることができます。

疑問②:PSVRを楽しむならPS4とPS4proのどちらがおすすめ?

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2100AB01) [amazon]

従来のPS4本体から大幅にダウンサイジングが進んだ軽量、省スペースモデル。約3万円から購入できます。

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)[amazon]

4Kテレビに接続し、かつPS4pro対応ソフトをプレイした場合に、グラフィックの強化が期待できるPS4の上位互換モデル。つまり、4Kテレビと対応ソフトがなければ、あまり意味がないのです。

結論からするとPSVRは4K対応ではないので、PS4Pro本来のグラフィック向上は見込めません。しかし、PS4proの方がハイスペックなGPU(グラフィック用のCPU)を積んでいるので、PSVRでノーマルPS4とPS4proでプレイしてみると、PS4proの方が画像の質感や、フレームレート、明るさの濃淡に差がでてきます。

よって、プレイに支障があるほど大きな違いはないけど、快適にPSVRを遊びたいならPS4proがお勧めということになります。

おすすめPSVR対応ソフト

グランツーリスモSPORT

グランツーリスモSPORT 【早期購入特典】ボーナスカーパック (3台) DLCコード封入 [amazon]

自動車シミュレーター「グランツーリスモ最新作」もPSVRに対応しています。ドライビングシートに座った高さで360度に酷がるVR体験をぜひ!

バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer.

バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer. [amazon]

ホラーゲームの最高峰、バイオハザード最新作もVRに対応しています。普通のテレビでプレイするだけでも怖いのに、PSVRなら、さらに恐怖が増幅されます。

まとめ

PSVRをまだ購入していない人にとっては、5,000円も安くなった新型PSVRの発売はかなり嬉しいニュースですね。

しかし、再び、前回同様に品切れということにはならないよう、早めの予約と、メーカー側には十分な出荷数を確保してもらいたいものです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加