【おしゃれ】ロードバイク初心者必見!おすすめサイクリングキャップ – Tokyo game station

【おしゃれ】ロードバイク初心者必見!おすすめサイクリングキャップ

スポンサーリンク

【おしゃれ】ロードバイク初心者必見!おすすめサイクリングキャップ

ロードバイク初心者にとって、最初に何を揃えればよいのか本当に悩みますよね。

ヘルメットやグローブ等、自転車を始める上でなんとなくイメージがつくものならまだしも、ヘルメットの中に着用する「サイクルキャップ(サイクリングキャップ)」というインナー帽子って必要なの?

うーん、まったくわかりません・・。

ネットで探しても、詳しい情報が見つからなかったりするサイクリングキャップ。でも、実際に自転車を始めるとサイクルキャップがあるのと無いでは、雲泥の差があるんです。

そこで、超初心者にわかりやすく、サイクルキャップの役割と効果についてご紹介していきたいと思います。

サイクリングキャップ(サイクルキャップ)の役割とは?

汗まみれの髪を隠せる!サイクリングキャップはおすすめ

想像してみてください。

ヘルメットを直接かぶってロードバイクを楽しんでいるイメージを。

多くの汗で髪はベタつき、汗が頬を伝って流れ落ちるイメージです。ヘルメットを脱いで休憩したいと思っても、汗で髪は乱れているので、気軽にヘルメットを脱いで涼しむわけにもいきませんね。

サイクリングキャップがあれば、汗を吸収して、乱れた髪を見せる必要もなく、スマートにコンビニでアイスコーヒーを購入して一休みできるというわけです。

ヘルメットを直接かぶれば、汗でベタつきますし、着替え用のキャップを複数持っていれば快適にロードバイクが楽しめそうですね。

[TARO WORKS] サイクリング インナーキャップ 吸汗 速乾 ビーニー スカル キャップ 

軽量、コンパクトで携帯性も抜群!熱を逃がしやすいポリエステル繊維の速乾、吸汗キャップです。機能性を求めるならアリですね。

[TARO WORKS] ヘルメット インナーキャップ 吸汗 速乾 ビーニー スカル キャップ 2枚組

パッと見はスイムキャップ!?に見えるけど、こちらも自転車で使えるインナーキャップ。ヘルメットをかぶったままで脱がないけど、速乾性、吸汗性といった機能性に優れており、なんといっても安くて、2枚セットという事もあって人気となっています。

ヘルメットをフィットさせ、安全性を高める役割も

EVAN(エヴァン)超軽量 高剛性 自転車 ヘルメット 

万が一のために着用するバイク用ヘルメット。

しかし、頭にフィットしない状態で着用していては、どんなに高性能なヘルメットをしていてもパフォーマンスを最大限に引き出す事はできません。

サイクルキャップを着用する事で、ヘルメットとの隙間を埋めて、よりフィット感を高めてくれる効果も期待できます。よって、自転車にまだ慣れていない初心者ほど、サイクリングキャップは着用して欲しいアイテムだったりします。

安いのにファッション性の高いサイクリングキャップも続々登場

サイクリングキャップの多くは通気性と吸汗性、速乾性に注力しているという事もあり、生地も薄手のキャップが多く、ゆえに普通の帽子と比べても、安い値段で購入できる事が多いです。

それでありながら、かっこいい、かわいいデザインのものが多く、機能性だけでなくロードバイクを楽しむ人たちのファッションアイテムとしてもおすすめですね。

海外ではメジャーなアイテムであるサイクルキャップも、日本国内ではまだまだこれからという感じなので、自転車を楽しみながら自分らしさを表現するツールとしても使えると思います。

そこで、ファッション性もあって、値段も安く、複数欲しくなってしまうオススメのキャップをピックアップしてみました。

APIS レトロレーシングサイクリングキャップ MOLTENI

緑、黄色、赤のストライプがおしゃれ。普通に着用しても違和感がないデザイン。男女問わずおしゃれにキマるキャップですね。

レトロレーシングサイクリングキャップ BIANCHI

イタリアの自転車メーカービアンキのキャップ。チェレステカラーと言われる水色が入っています。ビアンキオーナーの方は要チェックですね。

APIS レトロレーシングサイクリングキャップ PEUGEOT

サイクリングキャップだけど、プジョーというだけで、日常的にもつかえそうなデザイン。

APIS レトロレーシングサイクリングキャップ RENAULT

こちらもルノーのキャップ。昔のF1に出てくる黄色と青のルノーマシンを彷彿させるレトロなデザインです。

apis (アピス) サイクル キャップ LIV PLANTUR

サイクリングキャップ感を消すならば、黒系のキャップがおすすめ。

APIS レトロレーシングサイクリングキャップ JOLL J

ここまでくると普通にストリートで着用していても違和感ないデザインですね。でも、これもサイクリングキャップなんです。

APIS レトロレーシングサイクリングキャップ CLEMENT

イタリアっぽく、かっこ良くキメるなら黄色いキャップもインパクトあります。でも着こなすには人を選ぶかも!?

まとめ

今回紹介したサイクリングキャップは実売1,500円以下という事で、自転車をこれから始める人でも手が届きやすい感じ。

ひとつと言わず、気分やファッションにあわせて使い分けたり、ライドの途中で着替えてみたり、気軽につかえそうですね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加