【最新版】コーヒ飲料との違いは?夏におすすめ無糖ブラック アイスコーヒー ランキング – Tokyo game station

【最新版】コーヒ飲料との違いは?夏におすすめ無糖ブラック アイスコーヒー ランキング

スポンサーリンク

【最新版】コーヒ飲料との違いは?夏におすすめ無糖ブラック アイスコーヒー ランキング

いよいよ夏本番!アイスコーヒーが美味しい季節が今年もやってきました。アイスコーヒーといえども様々な価格帯の商品が発売されています。その中でも美味しい!と評判のおすすめコーヒーをピックアップしてみましたので是非、比較検討の参考にご活用下さい。さらにパッケージに記載された「コーヒー」「コーヒー飲料」「コーヒー入り清涼飲料」の違いは?あの疑問も調べてみました。

コーヒーとコーヒー飲料、コーヒー入り清涼飲料の違いは?

普段からスーパーで何気なく購入している、アイスコーヒーですが、実はパッケージをよく見ると「コーヒー」「コーヒー飲料」「コーヒー入り清涼飲料」という3つの異なる記載がされている事をご存知でしょうか?

実はこれら表記の違いは、コーヒーに含まれる生豆の量によって使い分けているのです。

【コーヒー】内容量100gのうち5g以上コーヒーが含まれているもの

【コーヒー飲料】内容量100gのうち2.5g以上5g未満コーヒーが含まれているもの

【コーヒー入り清涼飲料】内容量100gのうち1g以上2.5g未満コーヒーが含まれているもの

つまり、コーヒーの含有量によって飲料としてのカテゴリ分けがされているという事になります。

そこで、この夏におすすめ!「コーヒー」に分類される商品に限定してピックアップしてみました。

ネスカフェ 香味焙煎 深み ボトルコーヒー 無糖

ネスカフェ 香味焙煎 深み ボトルコーヒー 無糖 900ml [amazon]

比較的スーパーでも購入できるアイスコーヒーの中でも、厳選した挽きたての香り、深みのある味わいを追求した本格志向のアイスコーヒーが「ネスカフェ 香味焙煎 深み ボトルコーヒー 無糖」です。

コーヒー飲料と比べるとその差は歴然。従来の製法をさらに進化させた「厳鮮アロマキープ製法」によりアイスコーヒーとしての香りが違うと人気となっています。

ネスカフ 香味焙煎 深み ボトルコーヒー
今回紹介する特選アイスコーヒーの中でもお買い求めやすい価格帯という事もあり、美味しいアイスコーヒーを日常的にたくさん飲みたい人には、イチオシのボトルコーヒーといえるでしょう。
 

キーコーヒー リキッドコーヒー 天然水 無糖 テトラプリズマ

キーコーヒー リキッドコーヒー 天然水 無糖 テトラプリズマ 1L×6本 [amazon]

甲斐駒ヶ岳の伏流水である白州の天然水で仕上げるという、水の美味しさにこだわった清涼感の高いリキッドタイプのアイスコーヒー。

アイスコーヒーとして飲む事を前提に開発されたコーヒーですから、やや濃いめに作られており、氷を入れても薄まってしまい水っぽく感じにくいと思います。濃いためカフェオレや、コーヒーゼリーにしたりしても十分楽しめます。

こちらもスーパーなどで入手しやすく、比較的お手ごろ価格のアイスコーヒーのひとつですが、その中では群を抜いて風味や香りが効いたコーヒーを感じられる商品です。

 横浜ロイヤルパークホテル エスプレッソコーヒー無糖

横浜ロイヤルパークホテル エスプレッソコーヒー無糖 1000ml×12本 [amazon]

横浜みなとみらいにある高層ビル「ランドマークタワー」にある高級ホテル「横浜ロイヤルパークホテル」監修によるリッチなホテルコーヒー。

高級ホテル監修のコーヒーという事もあり、妥協なき味と香りの追求が注ぎ込まれている逸品としてコーヒー好きの間では人気となっています。

その分、値段もお高めですが豆の旨み、薫り高いホテルコーヒーが自宅で楽しめるという事で価格以上の満足感を感じられると思います。

パッケージにも記載されている通りエスプレッソコーヒーという事なので、味は濃いめのイタリアンブレンドのコーヒーという印象。 ミルクを足してカフェラテにしたり、レンジでホットで温めても美味しいと思います。

しかし、他のコーヒーに比べると高めの値段設定ですので、夏の熱い日に毎日、たくさんアイスコーヒーを飲みたいという方にはコストパフォーマンスが悪いかもしれません。

スジャータ ホテル・レストラン仕様 コーヒー ブラック無糖

スジャータ ホテル・レストラン仕様 コーヒー ブラック無糖 1000ml×6本(1ケース) [amazon]

一般のスーパーではなかなかお目にかかれず・・ちょっと大きめのスーパーなどで見かけるのがスジャータのホテル。レストラン仕様のコーヒーです。

味はまさしくレストランでアイスコーヒーを頼むと出てくるコーヒーに近く、一般的なアイスコーヒーよりも風味が感じられる逸品です。

特殊な箱型パッケージがホテル・レストランのプロ仕様的な印象を与えてくれるので、自宅で飲むとリッチな気分になれます。

未開封なら日持ちもしますし、角ばったパッケージがストックをする上では大変便利。値段も特別高いというわけではないので、夏の熱い日に毎日、たくさん飲みたい人にとっても、コスパが高いアイスコーヒーだと思います。

ミカド珈琲 MAJOリキッドコーヒー無糖

ミカド珈琲 MAJOリキッドコーヒー無糖(C-30)1000ml(6本入り) [amazon]

まず近所のスーパーでは手に入らない、鎌倉や軽井沢などにお店を構えるコーヒーゼリーや、モカソフトでも有名なミカド珈琲の無糖珈琲です。

こちらも南アルプスの水を使うという水へのこだわりと、豆を深く焼きあげ丁寧にネルドリップ抽出した濃厚な味わいが特徴。コーヒー好きならハマってしまう味です。普段、なかなかミカド珈琲の実店舗に通えない人にとっては嬉しい商品ですね。

成城石井 アイスコーヒー 無糖

成城石井 アイスコーヒー 無糖 1000ml [amazon]

高級スーパーで、かつ商品に対してこだわっているイメージが強い成城石井がプロデュースしたのが、「成城石井アイスコーヒー無糖」です。

アラビカ種を100%使用した深煎りタイプの粗挽き豆と、天然水でネルドリップ抽出した本格仕様。パッケージも黒を貴重としたシンプルながらも、高級感あり。

アイスコーヒー好きなら一度は飲んでおきたいですね。

加藤珈琲店 カフェインレス アイス リキッド コーヒー

加藤珈琲店 カフェインレス アイス リキッド コーヒー 1L×6本 [amazon]

美味しいカフェインレスコーヒーを探しているならば、加藤珈琲店のこちらのアイスコーヒーがおすすめです。

しかしカフェインレスコーヒーというと味わいや深みが抜けているイメージを抱く人もいるかもしれませんが、風味を損なわないように時間をかけてカフェインを除去する製造方法をとっているため、珈琲としての味わいを十分感じる事ができます、

また、未開封時の保存状態を維持するために、光の透過が無く温度変化も少ない特殊加工の紙パックを使用するなど、珈琲に対するこだわりと愛情が感じられる逸品ですね。

ゆえに、今回ご紹介したアイスコーヒーの中でも、かなりの高価格設定となっていますが、珈琲好きにとっては、それだけの価値があるかもしれません。

ドトールコーヒー アイスコーヒー 無糖

ドトールコーヒー アイスコーヒー 無糖 1L×6本 [amazon]

いろいろなアイスコーヒーを試したけど、ドトールのアイスコーヒーが一番好き!という方、実は結構周りにいたりしませんか?その理由としてはブラックコーヒーが苦手だけど、ドトールの無糖珈琲なら喉越しも良く、スッキリ飲みやすいという点があるようです。

まとめ

アイスコーヒーもそれぞれ個性があるので、いろいろ試してみてお気に入りを見つけるのも楽しい作業かもしれません。アイスコーヒーで猛暑を乗り切りましょう!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加