【評価レビュー】FFBE幻影戦争ってどんなゲーム?面白いつまらない?

スポンサーリンク

【評価レビュー】FFBE幻影戦争ってどんなゲーム?面白いつまらない?

ファイナルファンタジー好きなら気になる

FFBE幻影戦争ってどんなゲームなの?

ファイナルファンタジータクティクスみたいなゲームなの?

それとも全く新しいFFなの?

そして、

今からプレイしても間に合うの?楽しめるの?

実際にプレイして、気になる点について評価レビューいたしますので、参考にしてみてください。

FFBE幻影戦争  WAR OF THE VISIONS

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS
開発元:SQUARE ENIX
無料
posted withアプリーチ

FFBE幻影戦争とは?

FFBE幻影戦争はファイナルファンタジーのタクティクスシミュレーションゲーム

1200万ダウンロードを突破しており、最近のファイナルファンタジーのゲームアプリでは一番人気となっています。

FFファン必見!フルCGで描かれるストーリー

スマホゲームとしては珍しく全編フルCGでストーリーは進行していきます。

実際に戦うフィールドを使ってキャラクターの掛け合いで物語は進んでいくので、臨場感満載。昔のFFみたいな感覚で楽しめます。

FFBE戦争は遊びやすさが充実

FFBE幻影戦争は遊びやすさを追求した機能も充実しています。

タクティクス系シミュレーションゲームだと、都度操作が面倒になりがちですが、自らユニットに指示を出すのが面倒な人はオートモードで戦えます。

また倍速モードの実装により、大規模なバトルでも楽々プレイができるようになっています。

もちろん全部手動で動かすこともできるのでプレイヤーの好みに合わせて選んでください。

FFBE幻影戦争  WAR OF THE VISIONS

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS
開発元:SQUARE ENIX
無料
posted withアプリーチ

FFBE幻影戦争の進め方

FFBE幻影戦争はプレイを進めることで段階的に遊びの領域が広がっていきます。

基本的にストーリークエストを攻略して話を進めていきます。

各ストーリーともの初回クリアボーナスとしてEXPと幻導石が貰えるので、これでキャラクターを強化していきます。

また1章1節をクリアすることでRoyalポイントがもらえます。

このRoyalポイントでRoyalRankをアップしていくことで、さまざまな機能が解放されていきます。遊びやすくなる「倍速機能」もこれによって解放されます。

このようにストーリークエストをクリアすることでさまざまな機能が解放されていくので、いきなり何をすれば良いのか?迷ってしまうこともなく、段階的にゲームを理解していける配慮がとられているので

シミュレーションRPGが苦手な人でもサクサク楽しめます。

FFBE幻影戦争は初心者に優しい特典がたくさん

FFBE幻影戦争には初心者に優しい特典がたくさん用意されています。プレイ開始すると初心者向けログインボーナスが7日間にわたってもらえます。

このアイテムだけでも序盤のプレイはかなり助けられます。

さらにゲーム開始から7日間限定で1日1回、URが1枚確定の無料10連を回せます。

つまり7日間連続で引けば最大70連、UR7枚確定で手に入るので

これだけで序盤のバトルはかなり楽になります。

FFBE幻影戦争評価レビュー

FFBE幻影戦争  WAR OF THE VISIONS

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS
開発元:SQUARE ENIX
無料
posted withアプリーチ

数多くのスマホゲームの中でもFFBE幻影戦争は丁寧に作られており

かつ、CGで描かれたストーリー部分は、つい先を進めたくなるくらいの豪華さです。

ファイナルファンタジー好き、ファイナルファンタジータクティクス系SLG好きなら1度プレイしておいて損はありません。

FFBE幻影戦争みたいなタクティクス系シミュレーションRPG

誰ガ為のアルケミスト

誰ガ為のアルケミスト
開発元:gumi Inc.
無料
posted withアプリーチ

れじぇくろ! |シミュレーションRPGの良作【イチオシ】

れじぇくろ! ~レジェンド・クローバー~

れじぇくろ! ~レジェンド・クローバー~
開発元:EXNOA LLC
無料
posted withアプリーチ

「れじぇくろ! ~レジェンド・クローバー~」はスマホゲームだけど

スマホゲームを遥かに超えた良質シミュレーションRPGです。

ヘックスのフィールドでキャラクターを動かし、敵を倒していく

「ファイヤーエムブレム」みたいなシミュレーションRPGなのですが、とにかくクオリティがすばしく、シミュレーションRPG好きなら満足できます。

れじぇくろ!を無料ダウンロード

ゲームシステム

「れじぇくろ!」はヘックスを使用した戦略的なターン制バトルを採用しています。

キャラクターには1ターンごとに移動できる行動力が決められているので、その範囲でキャラを移動して戦います。

イメージとしてはファイヤーエムブレムや、スパロボに近い感じです。

レベル×クラス×スキルの掛け算によるキャラ育成システムはやり込み要素高め

キャラクター同士の相性による「有利」「不利」の相関もわかりやすく、サポートキャラ、サポートスキルなどの組み合わせで本格的なシミュレーションRPGを実現しています。

1マスの采配で戦況がガラッと変わるので油断ができない緊張感あるゲームです。

近距離、遠距離のキャラクターや回復スキルを持ったキャラクターなどをうまく使いこなすシミュレーションRPGならではの楽しさが楽しめます。

れじぇくろ!を無料ダウンロード

ログインボーナスが充実

プレイ開始直後で無料10連がまわせて、結構良いキャラも手に入りますし、常時3本のログインボーナスが実施されているので、序盤は無課金でもサクサク楽しめます。

本当にシミュレーションRPGとしてのクオリティが高く、遊びやすくなっているので、このジャンルが好きなら1度プレイしておきましょう。

30分くらいプレイしたあたりから、かなり楽しくなってきますよ。

れじぇくろ! ~レジェンド・クローバー~

れじぇくろ! ~レジェンド・クローバー~
開発元:EXNOA LLC
無料
posted withアプリーチ
千年戦争アイギスA

千年戦争アイギスA
開発元:EXNOA LLC
無料
posted withアプリーチ
ゲームの基本システムは陣地に攻め入ってこようとする敵キャラを阻止していくゲーム。
 
ユニットごとに配置する場所を決めて、どうやって効率的に阻止ができるのかを考えるのがゲームの攻略において重要になります。
 
戦略シミュレーションRPGとしても本格的でユニットを配置した場所によって、戦況が大きく変わるので、シミュレーションゲーム好きなら楽しめます。
 
ユニットと絆を深めることで好感度がアップ!
それによってキャラクターのステータスもアップするので
各キャラクターに対する思い入れも、どんどん深まっていくゲームですね
 
今ならゲーム開始でランク10になると最高レアキャラがもらえます!

カウンターサイド|社長になって社員と共に戦うRPG

カウンターサイド

カウンターサイド
開発元:NEXON Company
無料
posted withアプリーチ

プレイヤーは軍事会社の社長になって

100人以上の仲間(=全部女の子)を集めて

理想のチームを作って戦う対戦バトルRPGです。

キャラクター育成の奥深さとドラマチックなストーリー展開

スマホゲームの常識を覆すリッチなアニメーションは必見です。

60万字以上(文庫本6冊相当)のメインシナリオや、サイドストーリーは圧巻!!

総勢75名以上という膨大な声優さんにもカウンターサイドの魅力ですね

舞台は2044年の近未来

現実世界に侵攻を試みる、裏世界からの「侵食現象」が発生

プレイヤーであるあなたは民間軍事企業の社長として、異能力者「カウンター」たちで構成する各小隊の指揮を執り、現実世界に侵攻を試みる「侵食体」に対抗していく

といったストーリーです。

基本的なゲームシステムはシミュレーションRPGだけど

戦闘はキャラクターが動き回るので、見ていても飽きません

100を超えるキャラクターはLive2Dによってとにかく動きまくりなのです!

社長として、キャラクターを雇用して、年俸交渉することもできます。

優秀なメンバーをうまく採用して、居続けさせられるかも攻略のポイントになります。

カウンターサイドを無料ダウンロード

ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア

ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア
開発元:SQUARE ENIX
無料
posted withアプリーチ

 

 

まとめ

▼気になるゲームは見つかりましたか?▼
もし見つからなかったらこちらの記事もおすすめです。
 
きっと次に遊べるゲームアプリが見つかります!

対応タイトル800以上!あの名作をPCでプレイ

「GeForce NOW」は場所やデバイスを選ばない、全キャリア対応のクラウドゲームサービスです。登録して簡単なプログラムをダウンロードすると様々なゲームが遊べるようになります。

月額有料サービスですが、フリープランもありますので、まずはお試しプレイしておきましょう!

GeForce NOWフリープランにいますぐ登録

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加