【DS/PSP/Wii】ブリーチ好きにおすすめ名作BLEACHゲームソフトランキング

スポンサーリンク

スマホアプリ「ブレソル(BLEACH Brave Souls)」にハマったら次に遊びたい!ブリーチゲームソフト(歴代シリーズ一覧)

かつて週刊少年ジャンプで大人気となり、スマホアプリが人気となっているBLEACH。

最近ではスマホアプリ版ブリーチが話題の中心になっていますが、実はかつては、スマホアプリ以外にも、ニンテンドーDS、PSP、Wii、PS3でブリーチのゲームソフトが多数発売されていました。

そこで、いままで発売された家庭用ゲームソフトの中から、いま遊んでも楽しめる、おすすめのブリーチゲームを改めて紹介してみたいと思います。

Newニンテンドー2DS LL ブラック×ターコイズ [amazon]

特にニンテンドーDS版は、2DSLL、3DSLLでも遊ぶことができるので

本体を持っている方は、ぜひこの機会に過去のブリーチゲームの名作を遊んでみてはいかがでしょうか

【DS】BLEACH DS 蒼天に駆ける運命

BLEACH DS 蒼天に駆ける運命 [amazon]

最初に紹介するのは、過去に発売されたBLEACHゲームの中でも一押しの面白さを誇る2Dアクション格闘ゲームの名作BLEACH DS 蒼天に駆ける運命です。

ゲームを開発したのは、面白い2Dアクション格闘ゲームを作らせたら、日本で三本の指に入るのでは?というトレジャーという会社です。

BELACHゲームとしてもキャラクターや世界観を忠実に再現した内容になっており、原作ファンにも嬉しい原画を閲覧できるおまけモードが付いているなど、超充実した「ファン向けゲーム」になっているのですが、

その一方で、「格闘アクションゲーム」としての完成度が非常に高く、BLEACHを知らない人にでも

BLEACHを知らない人でも2D格闘ゲームとしてだけでも楽しめると思います。

発売当時はWiFiを使ったネット対戦もできたりと、当時のDSソフトとしては最先端の「オンラインゲーム」としての要素を備えていました。

残念ながら、オンラインサービスは終了していますが、オフラインの対戦格闘ゲームとして、今、遊んでも十分楽しめると思います。

【DS】BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌

BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌 [amazon]

BLEACH DS 蒼天に駆ける運命に続く、トレジャー開発による格闘アクションゲームの第二弾であり、最終作でもあるのが本作BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌 です。

前作が「蒼天」というタイトル名からもイメージカラーは青だったのですが

今回は「黒衣」というタイトル名からイメージからは黒になっています。

タイトル名に色を織り交ぜて命名しているのは、ちょっと面白いですね。

基本のゲームソステムは前作から踏襲しつつ、今回は必殺技「卍解」の演出がパワーアップしたり、使えるキャラクターが増えたり、ストーリーモードがさらに充実したり、といった「純粋なパワーアップ版」になっています。

【DS】ブリーチ ザ 3rd ファントム

ブリーチ ザ 3rd ファントム [amazon]

BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌 に続く、3作目として登場したのが本作ブリーチ ザ 3rd ファントムですが、前作までの人気格闘ゲームをやめて、今回からシミュレーションRPGとして登場しました。

タイトル名が前作の流れを彷彿とさせる「3rd」と付けられていますが、中身は全く別のゲームになっていますので注意が必要です。

とはいえ、シミュレーションRPGもゲームの出来栄えは結構よく、スーパーロボット大戦などが好きな人には楽しめる内容になっていると思います。

ちなみに、従来はブリーチに登場するキャラクターを使ってゲームを進めていくタイプの内容になっていましたが、今回ではゲームオリジナルの主人公キャラクターで展開するオリジナルストーリーを楽しめるので、まさしく、スーパーロボット大戦、スパロボ的な遊び方が好きな人にはピッタリだと思います。

【DS】BLEACH DS 4th:フレイム・ブリンガー

BLEACH DS 4th:フレイム・ブリンガー [amazon]

続いてニンテンドーDSの4作目として登場したのが「BLEACH DS 4th:フレイム・ブリンガー」です。

なんと、「ブリーチ ザ 3rd ファントム」でシミュレーションRPGにゲームジャンル変更をしたのち、再び本作ではアクションゲームにジャンルを戻しています。

しかし、BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌 の続編というわけではないので注意が必要です。

また、残念ながら、本作がニンテンドーDSでは最後のブリーチソフトとなっています。

【Wii】BLEACH Wii 白刃きらめく輪舞曲

BLEACH Wii 白刃きらめく輪舞曲 [amazon]

直感的な操作感が話題を呼んだWiiで発売された、

ブリーチのキャラクターになりきって格闘ゲームが楽しめるのが

本作BLEACH Wii 白刃きらめく輪舞曲です。

Wiiリモコンを斬魄刀に見立てた「なりきりバトル」は迫力満点!ファンならハマると思います。

ゲームだけのオリジナルキャラクターも登場し、全8話のオリジナルストーリーが楽しめます。はじめてのWii版ブリーチでありながら、登場キャラクターは40人以上と結構充実しているのも当時としては話題となりました。

しかしながら、このシリーズもこの1作品のみで終了となってしまい、

当時、次回作にさらなるパワーアップを期待していた、ひとりのファンとして残念に感じた思い出があります。

【Wii】BLEACH バーサス・クルセイド

BLEACH バーサス・クルセイド [amazon]

BLEACH DS 蒼天に駆ける運命BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌 を開発したゲーム会社トレジャーによるWii向け、最大2対2によるチームバトルが楽しめるのが本作。

広いフィールドを駆け抜けて、ド派手な「卍解」などの技を決めていくバトルシステムは、これまでのブリーチゲームだけでなく、最近のアクションゲームにもない爽快感があります。

すでにオンライン対戦サービスは終了していますが、

最近は珍しくなった画面分割の2人対戦も楽しめたり、100を超えるストーリー、ミッションも用意されているので、いま遊んでも十分楽しめると思います。

【PS3】BLEACH ソウル・イグニッション

BLEACH ソウル・イグニッション [amazon]

PS3で発売された唯一のブリーチゲームソフトが本作BLEACH ソウル・イグニッション です。

また、すべての家庭用ゲームのブリーチソフトの最終作となったのも本作。

HD画質で楽しめる貴重なブリーチ作品としてファンとしてはぜひチェックしておきたいタイトルといえるでしょう。

ゲームシステムはフィールドを自由に動き回って、1対複数の敵で対戦するアクションゲームといった内容。

マップが狭い、技やキャラクター数が少ないという不満点はあるものの、ダッシュを組み合わせたアクションゲームとしては実に気持ちよくバトルができることもあり、続編を希望する声も多い人気作品となっていました。

【PSP】BLEACH ~ヒート・ザ・ソウル7~

BLEACH ~ヒート・ザ・ソウル7~ [amazon]

まるでアニメのように、ぬるぬる動くブリーチの対戦格闘ゲームが「ヒートザソウル」シリーズ。

そんなヒートザソウルシリーズの7作目として登場した本作は

7回というパワーアップを重ねてきただけのことはあり、シリーズ最多の80体以上のキャラクターが実際にプレイできるキャラとして登場する充実ぶり。

ヒートザソウルシリーズとしても最後の作品なので、

PSPでブリーチの対戦格闘ゲームをプレイしたいなら、本作を押さえておきたいところです。

【PSP】BLEACH ~ソウル・カーニバル2~

BLEACH ~ソウル・カーニバル2~ [amazon]

ヒートザソウルシリーズとは別にPSPで展開されたのが、とにかくアニメーションをふんだんに盛り込んだ「ハイスピードアクションゲーム」が「BLEACH ~ソウル・カーニバル2~

登場キャラクターは家庭用ブリーチゲーム史上最多となる120体以上!

BLEACHの第一話から、最新シナリオまでを収録した家庭用ブリーチゲームの集大成といってもよい内容になっています。

PSP本体を持っている方は、ヒートザソウル7とセットで、手に入れたいブリーチゲームのひとつですね。

【PS2】BLEACH ~ブレイド・バトラーズ~

BLEACH ~ブレイド・バトラーズ~ [amazon]

現在配信中のスマホアプリ版ブリーチにゲームシステムが近いかも!?

最大4キャラクターによるアクションバトルが楽しめるのば「ブレバト」こと、BLEACH ~ブレイド・バトラーズ~です。

PS2でブリーチゲームを遊びたいなら、おすすめの1本です。

まとめ

というわけで、スマホアプリ以外にも、

数多くのタイトルが家庭用ゲームでも発売されています。

名作ソフトも多いので、ぜひ、機会があれば遊んでみてください。

また、ゲームといっしょに原作コミックを読み直してみるというのも、ブリーチをより深く楽しめるのでおすすめです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

amazonでBLEACH コミックを検索

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加