【PS2】名作勢ぞろい!おすすめ ゲームソフト ランキング30選 – Tokyo game station

【PS2】名作勢ぞろい!おすすめ ゲームソフト ランキング30選

スポンサーリンク

Contents

【PS2】名作勢ぞろい!おすすめ ゲームソフト ランキング30選

今プレイしても面白い!PS3、PS4にはない魅力が詰まったPS2(プレイステーション2)の名作ゲームをピックアップして紹介します。ドラクエやファイナルファンタジーなど定番の人気RPGから、いま改めて人気に火がついた桃太郎電鉄など、今年の夏休みは、プレステ2のゲームをとことん遊んでみるのもオススメです。

PlayStation 2 サテン・シルバー (SCPH-77000SS) 

桃太郎電鉄16 北海道大移動の巻!(ボードゲーム)


桃太郎電鉄16 北海道大移動の巻! PlayStation 2 The Best [amazon]

プレステ2で発売された人気ボードゲーム「ももてつ」こと「桃太郎電鉄」シリーズ最新作であり、最後の作品。

第16弾となる今作では広大な北海道が舞台。もちろん北海道だけでなく、全国マップも用意されており、桃鉄16では40箇所以上の駅が追加されました。

なんと種子島にも行けて、種子島からはロケットに乗って月にいくこともできます。ボンビーには高額物件を消し去る「イレーザーボンビー」やカードを腐らせる「ゾンビボンビー」など新たなボンビーも追加され、桃鉄をさらに盛り上げてくれます。

PS2のゲームですが、お盆、クリスマス、年末とみんな集まる際のパーティゲームとしても人気です。

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君(RPG) 

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君 [amazon]

プレイステーション2で初めて発売されたドラクエが「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」

開発は、いまとなっては「妖怪ウォッチ」で有名のレベルファイブが担当していました。ポリゴン調のキャラクターをアニメ風なタッチで表現する「トゥーンシェーディング」を採用したドラクエも今作の特徴でした。

オープンワールドゲームではないですが、オープンワールドを彷彿させる、どこまでも広がるフィールドを駆け巡る楽しさが味わえます。

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストV 天空の花嫁 [amazon]

スーパファミコンで発売されたドラクエ5をPlayStation2で遊べます。PlayStation2の特徴を生かして、音楽はフルオーケストラ仕様。ぜひ、ヘッドホンでプレイしてみてください

ファイナルファンタジーXII(PRG)

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーXII

ドラクエと並ぶ人気ロールプレイングゲーム(RPG)といえばファイナルファンタジーシリーズ。プレイステーション2で発売された完全オリジナル新作「ファイナルファンタジー12」もプレステ2で遊べます。

いまプレイしても、PS2とはおもえないグラフィックの高さと、丁寧に作られたゲームシステムとストーリー展開は秀逸です。特にバトルシステムはファイナルファンタジーシリーズの中でもかなり完成度が高く、ストレスなく楽しめます。

ファイナルファンタジーX(RPG:ロールプレイングゲーム)

ファイナルファンタジーX

クリアまでの総プレイ時間は60時間以上。秀逸なストーリー、個性豊かなキャラクター性はいまだに多くのファンがいるシリーズのひとつ。

またバトルシステムが、FFといえばアクティブタイムバトルでしたが、今作より「カウントタイムバトル」に変更され、近代FFの基礎を作ったタイトルとも言えます。

FINAL FANTASY X-2(RPG:ロールプレイングゲーム)

FINAL FANTASY X-2

前作のゲームシステム、世界観を引き継ぎ、人気キャラ「ユウナ」を中心にした新たなストーリーを楽しめます。また、「アクティブタイムバトル」も今回から復活しました。

グランド・セフト・オート・サンアンドレアス(オープンワールドゲーム)

グランド・セフト・オート・サンアンドレアス

オープンワールドゲームというジャンルを作ったPS2で発売されたグランドセフトオート。舞台は90年代アメリカ。ロスサントス、サンフィエロ、ラスベンチュラスの3つの都市を楽しめます。車を運転すると流れる数々のヒットナンバーは雰囲気抜群。グラフィックはPS3、PS4には劣りますが、根強いファンがいるのもサンアンドレアスの特徴です。

みんな大好き 塊魂(アクションパズルゲーム)

みんな大好き 塊魂 PlayStation 2 the Best

塊を転がして様々なものを巻き込んでいくゲーム。非常に中毒性の高いゲームで、塊が大きくなるにつれて、いままで巻き込めなかったものも巻き込めるようになる瞬間にハマった人は数知れず。

PS4などで最新作が発売されていないため、塊魂をプレイするならば、こちらPS2版がおすすめです。

ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇(夏休みにオススメ)

ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇 PlayStation 2 the Best

ゲームの中で、古き昭和の夏休みを体験できるのが「ぼくなつ」こと、ぼくのなつやすみシリーズ。プレステ2で発売されたこちらは海を舞台にした箱庭的な楽しさがあります。大人がハマるゲームです。

超時空要塞マクロス(シューティングゲーム)

超時空要塞マクロス

マクロスを題材にしたゲームの中では、シューティングゲームとしての出来がもっとも良いと話題のタイトル。テレビ版、劇場版の戦闘シーンがゲームに「ミッション」として実装されているのでマクロスファンならたまりません。

プレイ中にミンメイが歌い、板野サーカスも見事に再現されておりマクロスファンには是非プレイしてほしいゲームです。

バイオハザード4(アクションホラーアドベンチャー)

バイオハザード4

 ゲームキューブで発売されたサバイバルホラーアドベンチャー「バイオハザード4」に新要素がプラスされてPS2で発売されたのがこちらのタイトル。バイオハザードファンなら見逃せない一本ですね。

グランツーリスモ4 (ドライビングレースゲーム)

グランツーリスモ4 PlayStation 2 the Best

ドライビングシミュレーターといえばグランツーリスモ。PS4で最新作グランツーリスモSPORTの発売も決定していますが、プレステ2でプレイするならばグランツーリスモ4ですね。

頭文字D Special Stage(ドライビングレースゲーム)

頭文字D Special Stage

シミュレーター系レースゲームがグランツーリスモシリーズとすると、頭文字Dはその真逆にある峠を攻める、ゆるゆる系ドリフトゲームです。

PSP、PS3でも頭文字Dは発売されていますが、こちらのPS2版は「ストーリーモード」が収録されており、原作ストーリーの追体験ができます。頭文字Dの家庭用ゲームソフトでは一番充実したタイトルになっています。

CRAZY TAXI(クレイジータクシー) (アクションドライビングレースゲーム)

CRAZY TAXI(クレイジータクシー) (Playstation2)

アーケードやドリームキャストで人気のクレタクこと、クレイジータクシーがプレイステーション2に登場。超ロングセラーとしてヒットしました。

そのゲーム性はいまプレイしてもかなり楽しめるので、おすすめです。

バーンアウト リベンジ(ドライビングレースゲーム)

バーンアウト リベンジ

レースゲームといえばグラフィックが重視されがちですが、バーンアウトシリーズはグラフィックはそこそこのクオリティで、あまり期待はできません。

しかし他に類を見ない圧倒的なスピード感、クラッシュした時の高揚感が魅力ポイント。スピードを出して、ストリートをぶっ飛ばしたい方にはオススメ。

バーンアウト3(ドライビングレースゲーム)

バーンアウト3テイクダウン

バーンアウトリベンジの続編がバーンアウト3テイクダウン。クラッシュシーンがさらにリアルを増したのとプレイ中に流れるMCのボイスがレースを盛り上げてくれます。ノリノリでハイスピードレーシングを楽しみたい方は絶対おすすめです。

THE 京浜急行(トレインシミュレーター)

THE 京浜急行(通常版)

京浜急行の三崎口から品川までプレイできるトレインシミュレーター。電車ファン、京浜急行ファンなら一度はプレイしておきたいタイトルです。

トロと休日(どこでもいっしょ)

トロと休日

1999年7月にプレイステーションで発売された「どこでもいっしょ」シリーズのPS2初タイトルであり、実写とCGで描かれたトロが融合して展開する異色のチャレンジタイトル。

京浜急行とタイアップして、トロが赤い電車に乗って旅をするという電車ファンも気になる一本です。

 ICO(イコ)

ICO(イコ)

「ステータス」とか「システム」とかゲームに必要な要素をすべてそぎ落として、ただプレイヤーは女の子の手をとってひたすら走り続けるというゲーム。

いまプレイしても、その世界観、ゲームシステムに圧倒されるゲーム史に残るタイトルのひとつです。

 ワンダと巨像(アクションゲーム)

ワンダと巨像

圧倒的な存在の巨像の弱点を見つけて倒すといったプレイヤーにすべてを委ねたゲーム。ICOとセットでプレイしておいて損のない一本です。

ペルソナ3 (RPG)

ペルソナ3

ペルソナは真・女神転生シリーズの流れをくみながら「現代」を舞台としたRPGです。いまだに人気タイトルとして新作タイトルもリリースされ続けるペルソナシリーズの第三作目をPS2でプレイできます。

 新 鬼武者 DAWN OF DREAMS(アクションゲーム)

新 鬼武者 DAWN OF DREAMS

家庭用ゲームタイトルとしての鬼武者シリーズで現在発売されている最新作。鬼武者1、2、3と比べてもやり込み要素が大幅にアップ。ジャンレノや松田優作、金城武といった有名人がゲーム内に登場することで話題になった鬼武者シリーズですが、今作はオリジナルキャラクターによる鬼武者となっています。

デビル メイ クライ 3(アクションゲーム)

デビル メイ クライ 3

鬼武者シリーズと人気を二分するカプコンのアクションゲームといえば、スタイリッシュ、かつ爽快アクションが人気の「デビル メイ クライシリーズ」

最近は新作タイトルも発売されていませんが、デビルメイクライのアクションを楽しむならばPS2版はオススメです。

絶体絶命都市2 -凍てついた記憶たち-

絶体絶命都市2 -凍てついた記憶たち-

災害に襲われた都市でサバイバルするゲームといえば絶体絶命都市シリーズ。諸事情によりシリーズ中止というニュースもありましたが、PS4でシリーズ再開に向けて動きだしているというニュースも。未プレイの人はPS2版をプレイしておきましょう。

みんなのGOLF4

 

みんなのGOLF4 PlayStation 2 the Best

みんな集まればプレイしたくなるのが、みんゴルこと「みんなのGOLF」。プレステ2で楽しめる、みんなのGOLF4があれば夏休みや年末年始など、盛り上がること間違い無し。

桃太郎電鉄とセットで用意しておきたい定番タイトルです。

みんなのテニス

みんなのテニス PlayStation 2 the Best

みんなでテニスが楽しめるのが「みんなのテニス」

こちらもみんなのGOLF4、桃太郎電鉄といっしょにプレイステーション2の定番タイトルとして揃えておくと盛り上がります。

 ACE COMBAT 5 The Unsung War(フライトシミュレータ)

ACE COMBAT 5 The Unsung War

家庭用フライトコンバットゲームといえばエースコンバットシリーズ。シリーズ5作品目になるこちらはプレステ2のハードスペックをフルに引き出した名作タイトルとして、いまプレイしても楽しめます。

大空を駆け巡る楽しさを是非体験してください。

スペースチャンネル5 パート2

スペースチャンネル5 パート2 Playstation 2 the Best

ドリームキャストで誕生した人気音ゲーといえば「スペースチャンネル5」

その最新作が「スペースチャンネル5 パート2」としてPlaystation2でプレイできます。なんとあのマイケル・ジャクソンも登場しちゃいます。

サクラ大戦 ~熱き血潮に~

サクラ大戦 ~熱き血潮に~

1996年セガサターンに登場した「サクラ大戦」シリーズ。ドリームキャストでサクラ大戦4まで開発されましたが、初代サクラ大戦がPS2で楽しめるようになったのがこちら。

「サクラ大戦」を知らない世代にもプレイしてほしいタイトルです。

【PS2】カルドセプト セカンド エキスパンション

カルドセプト セカンド エキスパンション PlayStation 2 the Best

ニンテンドー3DSで最新作も発売されたカルドセプトシリーズの中でも、いまだに人気なのがPS2版「カルドセプト セカンド エキスパンション」。大画面で楽しめるカルドセプトシリーズの中では一番の人気タイトルです。

ことばのパズル もじぴったん

ことばのパズル もじぴったん PlayStation 2 the Best

もともとはアーケード版で人気となったパズルゲーム「ことばのパズル もじぴったん」がプレステ2で楽しめるようになったのが本作品。ボリューム満点の内容になっているので、パズル好きならおすすめです。

 SIREN2(サイレン2)夏休みにオススメ

SIREN2 PlayStation 2 the Best

怖すぎるCMが話題になったホラーアドベンチャーゲーム「サイレン」の第2作。様々なホラーゲームが存在する中、その怖さはピカイチ。夏にプレイするにはオススメのゲームです。

【PS2】蚊(夏休みにオススメ)

こちらも夏休みにオススメのアクションゲーム。タイトル名は「蚊」という事で、その名の通り、プレイヤーは「蚊」になって血を吸うゲーム。一見、バカゲータイトルの印象満載ですが実際にプレイしてみるとアクションゲームとしてかなり遊べる内容になっています。

【PS2】 機動戦士Zガンダム エゥーゴ vs. ティターンズ

機動戦士Zガンダム エゥーゴ vs. ティターンズ

アーケードで大ヒットした「機動戦士ガンダム 連邦vs.ジオン」の続編にあたる「機動戦士Zガンダム」を舞台にしたタイトル。

しっかり作ってあって、ガンダムアクションゲームとして楽しめます。Zガンダムの世界観をしっかり再現されているのでファンは必見です。

まとめ

振り返ってみるとプレイステーション2は名作タイトルの宝庫。PS4、3DS、スマホゲームをプレイするのも良いですが、夏休みはPS2の名作タイトルをプレイしてみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加