【PS4/PS3/PS2】頭文字D新作の発売はいつ?公道・首都高・峠レースゲーム特集

スポンサーリンク

【PS4/PS3/PS2】頭文字D新作の発売はいつ?公道・首都高・峠レースゲーム特集

ニュースによると最近、若者の車離れが加速しているようです。

「若者の◯◯離れ」を調査したこちらのレポートによるとダントツの結果になったのが「若者の車離れ」、調査対象の33%が車離れを実感しているとのこと。

その理由としては

収入の減少、時代の変化があるとのことなのですが、本当にそうなのでしょうか。

しかしゲーム業界もその影響を受けてか、PS2までは多数発売されていた「頭文字D」を始めとする峠を舞台にしたレースゲームも、PS3では激減、そして現行機種のPS4ではまったく発売されなくなってしまいました。

近年はレースゲームのタイトル数も減ってしまいましたが、それでもグランツーリスモSPORT のようにサーキットを舞台にしたゲームなら、PS4でもまだまだ発売されています。

しかし、頭文字Dを始めとした、市販の自動車で峠や公道を攻めるレースドライビングゲームは本当に貴重になりました。

そこで、今回、本物の車好きにこそ遊んで欲しい峠ゲームをご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

【PS3/PS2/PSP】頭文字D(イニシャルD)

頭文字D EXTREME STAGE PlayStation3 the Best [amazon]

頭文字D Special Stage PlayStation 2 the Best [amazon]

頭文字D STREET STAGE PSP the Best [amazon]

公道や実在する峠を走るレースゲームの代表作といえば頭文字Dですね!

もとはゲームセンター向けにセガが開発したレースゲームでしたが、アーケード版をベースに、これまでPS2、PSP、PS3の3機種で発売されました。

【PS2版】

アーケード版にストーリーが楽しめるモードを追加した、頭文字Dゲームの最高傑作。売り上げ本数としても、一番売れました。

【PSP版】

アーケード版をベースにしたPSPでアドホック対戦ができるタイトル。残念ながらストーリーモードは収録されていません。

【PS3版】

アーケード版をベースに、オンライン対戦ができるタイトル。こちらも残念ながらストーリーモードは収録されていません。また現時点で発売されている最後の家庭用頭文字Dタイトルとなっており、グラフィックとしては一番ハイスペックなゲームです。

頭文字Dシリーズおすすめタイトルは?

発売中の3タイトルのうち、イチオシなのは「頭文字D Special Stage PlayStation 2 the Best 」になります。ストーリーモードもキャラクターが喋りまくるし、ゲーム内で原作再現が楽しめます。

PS4版頭文字Dは発売されないの?

もともとはアーケードゲームとして誕生したセガの頭文字Dシリーズですが、現在、アーケードでは「頭文字DアーケードステージZero」が稼働中です。

頭文字Dファンとしては、アーケード版のベタ移植で十分なのでPS4に遊びたいところですが、いまのところ移植について公式発表はありません。しかし、、個人的見解ではPS4への移植は無いのでは?と思っております。

そもそも、家庭用ゲーム機におけるレースゲームとは、新しいゲーム機が登場してから、早い段階に発売されるケースが多いのです。

過去の頭文字Dシリーズを振り返ってみると

PS2本体の発売は2000年、頭文字D Special Stageの発売は2003年

PSP本体の発売は2004年、頭文字D STREET STAGEの発売は2006年

PS3本体の発売は2006年頭文字D EXTREME STAGEの発売は2008年

となっており、

新しいゲーム機が発売してから約2〜3年以内に頭文字Dは発売されている計算になります。

過去の実績から推測すると、2015年、2016年にPS4版頭文字Dが発売されていい時期なのですが、PS4本体の発売は2013年、2018年まで5年間まったく動きがありません。

ちょっと発売するタイミングを逃してしまった感がありそうです。

【PS2/PSP/Xbox360】首都高バトル

首都高バトル 01 PlayStation 2 the Best [amazon]

首都高バトルX – Xbox360 [amazon]

首都高バトル – PSP [amazon]

頭文字Dが峠を攻めるレースゲームならば、実在する首都高速をぐるぐる走り続けるゲームとしてヒットしたのが「首都高バトル」です。

古くはドリームキャストで発売された首都高バトルシリーズですが、その後、PS2、PSP、Xbox360で発売されました。

しかし、PS3以降、新作が発売される事もなく、PS4でも新作は登場していません。PS4のグラフィックで再現すれば、かなりリアルなレースゲームができそうなのですが、新作発売されないものでしょうか・・・。

※画面はPS2版のものです。

【PS3/PS2/PSP】湾岸ミッドナイト

湾岸ミッドナイト PlayStation (R) 3 the Best – PS3 [amazon]

湾岸ミッドナイPS2 [amazon]

湾岸ミッドナイト ポータブル – PSP [amazon]

首都高バトルを作った開発会社による、こちらも首都高を舞台にしたレースゲームが週刊ヤングマガジンで連載されている人気漫画をゲーム化した「湾岸ミッドナイト」シリーズです。

内容は首都高バトルそのまんまのゲームシステムなので、首都高バトルファンでも楽しめます。唯一PS3版が発売されており、リアルなグラフィックで首都高レースを楽しみたい方にはおすすめのタイトルといえるでしょう。

※画面はPS3版のものです。

【PS2】街道バトル

街道バトル2 CHAIN REACTION [amazon]

KAIDO-峠の伝説- [amazon]

首都高バトル、湾岸ミッドナイトを開発したチームが作った、頭文字Dのような峠を攻めるゲームが街道バトルシリーズです。

頭文字Dが原作のストーリーをベースにしたレースゲームである一方、街道バトルシリーズは峠を舞台にしながら、様々なライバルと出会い、戦いチームを組んで進めていく、よりリアルな峠バトルを再現したゲームとして、実際に峠を走っている人にも大きな支持を集めました。

PS2で2タイトルを発売したものの、その後、PS3、PS4で新作が発売されておらず、車好きゲームファンとしては新作をずっと待ち望んでいるタイトルのひとつです。

【PS4】ニード フォー スピード

EA BEST HITS ニード・フォー・スピード – PS4 [amazon]

ニード・フォー・スピード ペイバック – PS4 [amazon]

PS3でも多数発売されていたけど、PS4で圧倒的な存在感を示しているのが、海外の公道を舞台にしたストリートレースゲーム「ニードフォースピード」シリーズ

PS4で発売されているシリーズでも

夜を舞台に、オープンワールドレースゲーム形式で再現したニード・フォー・スピード は首都高バトルを思わせるところもあり、まさに公道レースゲームの完成系に近い感じ。

夜だけでなく、昼前のコースも再現した最新作のニード・フォー・スピード ペイバックは、公道ストリートレースゲームの最高峰ともいえる出来栄えとなっています。

このクオリティで頭文字Dや、街道バトルの最新作をプレイしたいというのが、峠レースゲームファンの夢かもしれません。

しかし、このクオリティでゲーム開発できるのは全世界をターゲットにしたワールドワイドタイトルだけ。ニードフォースピードを開発しているEA(エレクトロニックアーツ)だからこそ作れるレースゲームとも言えるのかも。

※画面はPS4版ニードフォースピードペイバックです。

【PS4】ザ クルー2  

【PS4】ザ クルー2  [amazon]

今年最大のストリートレースゲームの期待作といえば「ザクルー2」です。

ニードフォースピードと同じオープンワールドゲームというジャンルですが、特定の街を再現したニードフォースピードに対して、ザクルー2はアメリカ全エリアを再現しており、規模感が違います。

両タイトルを比較すると

ニード・フォー・スピードが、限られたエリアを濃く深く遊べるゲームとするならば、

ザ クルー2 はアメリカ全土を広く浅くダイナミックに遊べるという感じ

どっちが面白いというわけではなく、

どっちも面白いんです。だから両方とも遊んでみて、オープンワールドレースゲームに対する異なるアプローチを楽しんで欲しいですね。

ユービーアイ・ザ・ベスト ザ クルー [amazon]

ザクルー2発売にあたって前作ザクルー1がお得に遊べるベスト盤も発売されていますので、新旧両タイトルをプレイしてみては?

【PS4】Burnout Paradise Remastered

Burnout Paradise Remastered – PS4 [amazon]

かつてPS3で発売されまくっていた、クラッシュシーンが気持ち良い、半端ないスピード感が癖にになる!レースゲーム「バーンアウトシリーズ」の最新作がPS4リマスター版として再登場です!

オープンワールドレースゲームの先駆けともいえるタイトルで、都会の街並みから、山道まで多彩なコースを自由に走れるのは、いまプレイしてもかなり楽しめます。PS3版向けに配信された追加DLCも全て収録しているし、PS4 Proの4K出力にも対応しました。

PS4 proについてはこちらの記事で特集していますので参考にしてみてください!

まとめ

若者の車離れが加速しているというのは、ちょっと悲しい話ですが、調査結果によると「収入の減少」「時代の変化」があるという事でした。

実際に手頃な価格で購入できるスポーツカーは激減しているし、実用的でエコな車に人気となっているのも事実です。

しかし、現実世界では体験できない事でも、ゲームの世界ならいつでも体験できますし、それこそがゲームの大きな魅力だったりします。

というわけで、今回、公道を舞台にしたレースゲームを紹介しましたが、木になるタイトルがありましたら、ぜひプレイしてみてはいかがでしょうか?

ところでレースゲームを楽しむなら、反応速度の早い液晶モニターが便利です。

PS4にもおすすめ、応答速度1msで選んだモニターディスプレイをこちらで特集していますので参考になれば幸いです。

BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ ZOWIE XL2411 24インチ/フルHD/144Hz/1ms [amazon]

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加