【本日発売】PS4 Proに超おすすめ4Kゲーミングモニターディスプレイ – Tokyo game station | おすすめPS4、PSVita、WiiU、3DS、XboxOne、PC、無料スマホ ゲーム情報サイト-TGS-

【本日発売】PS4 Proに超おすすめ4Kゲーミングモニターディスプレイ

スポンサーリンク

【本日発売】PS4 Proに超おすすめ4Kゲーミングモニターディスプレイ

遂に発売日を迎えた4Kに対応したPlayStation4の新ハード「PS4 pro(旧名称:NEO)」

PSVRを快適に楽しみたい方にもPS4 proはおすすめですが、それよりも既存のPS4ゲームソフトも4Kテレビとの組み合わせならば4Kアップスケール(2160p)で楽しめるのはゲームファンとしては見逃せない機能のひとつではないでしょうか?

そこで、PS4proとセットで検討したくなる、おすすめの4Kモニターを厳選してピックアップしてみました。

PS4proと新型PS4(スリム)の価格の違いは?

現行のPS4本体の価格、およびハードディスク容量の違いは以下の通りです。

PS4proは1TBモデルのみという事なので、新型PS4の1TBモデルと比べると、その価格差は1万円程度となっています。一見、値段が高い印象はありますが、とことんゲームを楽しむ方にとっては、ゲームソフト1本強の価格で手に入るPS4 proは魅力的にも映るかもしれません。

PS4 pro HDD1TBモデルのみ(CUH-7000)44,980円(税抜)

新型PS4(通称スリム)HDD500GBモデル(CUH-2000) 29,980円(税抜)

新型PS4(通称スリム)HDD1TBモデル(CUH-2000)34,980円(税抜)

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01) [amazon]

PlayStation 4 ジェット・ブラック 1TB(CUH-2000BB01)  [amazon]

ここは個人差になってしまいますが、新型PS4 1TB版を選ぶならば、ちょっとだけ頑張ってPS4 pro 1TBを+1万円追加して選んでおくというのはアリかもしれません。

PS VRを楽しみたい人もPS4 pro本体はおすすめ

PlayStation VR [amazon]

PSVRは既存のノーマルPS4でも楽しめますが、PS4 Proなら一部のPSVR対応ソフトにおいて、PS4proのハード性能の恩恵が受けられるようです。

その理由はPS4 proのGPU(グラフィック用CPU)が新型/旧型PS4本体と比べて高性能であるという点にあります。

【PS4 pro】GPU : 4.20 TFLOPS, AMD Radeon based graphics engine

【PS4新型/旧型】GPU : 1.84 TFLOPS, AMD Radeon based graphics engine

上記以外のCPUスペックは同じですが、GPUスペックの違いによりPS4 proでPSVRをプレイするとグラフィックの向上、かつ安定したフレームレートが期待できるようです。

とはいえ旧型/新型PS4本体と、PS4proの両方でPSVR対応ソフトを比較して、どこまで違いがあるか比べないとわからないですし、一般ゲームユーザーが、これらを比較する機会なんてほぼ無いため、実はあまり重要な事ではないのかもしれません。

しかしPSVRとPS4本体をセットで購入しようと思っている方は、その時点でそこそこの予算をかけてもVRを楽しもう!と強い決意表明をされている方だと思いますので、ならばPS4proを選んでおいた方が、後々の満足度は高いかもしれませんね。

PS4 proとPSVRを買ったらおすすめPSVR対応ソフト

 

PlayStation VR WORLDS(VR専用)  [amazon]

PSVRの魅力を様々なミニゲームで楽しめるバラエティゲーム。とはいえ、ひとつひとつのゲームのクオリティは半端なく、海底でサメに襲われたり、レースを楽しんだりと結構楽しめます。

ライズ オブ ザ トゥームレイダー [amazon]

基本的は通常のPS4用ゲームですが、一部、PSVR対応コンテンツも収録したPSVRによるアクションゲームの進化の片鱗を感じさせてくれます。

DRIVECLUB VR  [amazon]

発売中のPS4ソフト「ドライブクラブ」のPSVR専用版。ドライビング視点で本物のレースさながらの迫力が楽しめます。

PS4 pro対応 冷却ファン付きプレイステーション4スタンド

PS4 / PlayStation 4 Pro / Slim 専用 多機能縦置きプレイステーション4スタンド PS4ディスク収納(12個) 省スペース 冷却ファン付き [amazon]

PS4pro本体の発売にあわせて、PS4 proにも対応した、本体縦置きができる収納スタンドも発売されており人気となっています。

ゲームソフトやコントローラといっしょに本体をコンパクトに収納できるのと、冷却ファンが付いているのでPS4本体の熱対策にも使えそうです。

PS4 proに4Kモニターディスプレイテレビは必要か?その理由は?

 PS4 ProはHDMI端子が付いていれば通常のテレビでもプレイ可能です。しかし、それなら価格も安いコンパクトになったノーマル版PS4本体でも十分なハズ。

それなのに、あえて4K対応したPS4 proを選んだからには、その秘めたポテンシャルを最大限に引き出してゲームを楽しみたいところです。

4Kテレビではない解像度が1080p以下の一般的なHDテレビにPS4 proを繋げると、せっかくの4K対応ゲームも1080で映像出力されてしまいます。

一方でPS4 proを4Kテレビに繋いで4K対応ゲームをプレイすると2160pというHDの2倍の解像度で出力してくれます。

となるとPS4 proで4K対応ゲームの魅力を最大限に引き出して遊び尽くすならば4Kテレビは欲しくなってしまいます。

さらに!!

従来のPS4のゲーム(1080p未満のゲーム)を、PS4 proで起動し4Kモニターに出力すると、2160pにアップスケールして出力してくれるので、従来のPS4のゲームがもっとキレイな状態で楽しめるという事になります。これは既に多くのPS4ゲームソフトを持っているPS4ゲームファンからすると、かなり気になる機能ではないでしょうか?

これだけでも、PS4 proと4Kモニターディスプレイをセットで揃えるだけの価値があるかもしれません。

PS4 proといっしょに揃えたいおすすめ4Kモニターディスプレイテレビ

さて、ここからが今回のメインテーマになります。

4Kモニターディスプレイテレビって多くのメーカーから結構な数が発売されていますが、価格と性能比から選ぶならば、おすすめできるモデルって、ぐっと絞る事ができます。

そのなかでも特におすすめしたい3機種をピックアップしてみました。

【27型】安い&高性能なのでおすすめLGモニターディスプレイ(4K)

LG モニター ディスプレイ 27UD58-B 27インチ/4K(3840×2160)/IPS 非光沢/HDMI×2、DisplayPort/ブルーライト低減機能 [amazon]

実勢価格5万円以下、場所もとらないPCモニターとしてもちょうど良い27インチサイズの4Kモニターディスプレイがこちら。

プライベートルーム用、仕事用PCモニターとの兼用など、27インチというサイズ感だからこそ使い勝手が良いという点もあります。

主な機能は以下の通りです。フリッカー、ブルーライト軽減機能はPCモニターディスプレイにとっては、もはや当たり前の機能となりつつありますが、そんな当たり前の機能が、ちゃんと搭載されているのはモニター選びにおいて結構重要だったりします。

・IPSパネルの4Kモデル(解像度:3840×2160)

・表示遅延を抑えるDASモード搭載

・広視野角(水平178度・垂直178度)

・フリッカー(ちらつき)を抑えて目の負担を軽減

・ブルーライト低減機能で目の疲労を軽減

【43型】入力端子が充実!仕事にも使えるフィリップスの4Kディスプレイ

Philips 43型ワイド液晶ディスプレイ (4K対応/IPSパネル/ BDM4350UC/11 [amazon]

画面サイズはなんと43型!!

豊富すぎる入力端子群!!(D-Sub15 ×1、HDMI×2、DisplayPort×2、USB 3.0 ×4)

フィリップスという世界的ブランドでありながら、実勢価格は10万円を切る7万円台という事でゲーム用だけでなく、入力端子の充実ぶりからビジネス用としても人気の4Kディスプレイです。

もちろんTVチューナーなどは付いていませんので、テレビは見れませんが、ゲームと仕事用の兼用モニターとして書斎やプライベートルームに設置したりするには有力候補のひとつとしてあがって来るモニターです。

【50型】このサイズの4Kテレビでは超安い!ハイセンス4K液晶テレビ

ハイセンス 50V型 4K ULTRA HD液晶テレビ 直下型LEDバックライト スリムボディ 外付けHDD録画対応(裏番組録画) HJ50K323U [amazon]

4Kディスプレイとしてだけでなくテレビも見たい!外付けハードディスクに番組録画もしたい!という方におすすめしたいのが、こちらの50型の4Kテレビです。

なんと10万円を切る低価格設定となっており、お買い得感満載です。

ハイセンス社は中国メーカーなのですが、50インチでこの価格を実現しているのは国内メーカーの4Kテレビと比べると、かなり衝撃的です。

限られた予算の中でいち早く大画面の4Kテレビを体験したいという人にはおすすめのモデルだと思います。

まとめ

今回、3機種に絞って4Kモニターディスプレイをピックアップしてみましたが、いずれもお買い得感が高く、PS4pro本体の発売にあわせて4Kモニターもいっしょに検討したいという方には、かなり現実的な、手が届く候補になっているのではないでしょうか?

それにしても一挙に身近になった4Kの世界!!

今後のPS4proの対応ソフトの充実にも期待したいところです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加