安いけど使える!初めてのブルートゥースイヤホン(PSVITA、 PS4、ニンテンドースイッチにも使える!?)

スポンサーリンク

PSVITA、 PS4、ニンテンドースイッチでも使えるブルートゥースイヤホン

実際に体験してみないと、その素晴らしさがわからないもの

しかし一度体験して、その素晴らしさを知っていまうと、もう元には戻れないもの

そんな夢のようなアイテムにブルートゥースイヤホン、ヘッドホンがあります。

ヘッドホンは身につけている感が出てしまいますが

ブルートゥースイヤホンは完全ケーブルレスで、

何もつけていないような感覚を味わえます。

この感覚は体験してみないとわからないけど

一度体験してしまうと元に戻れないくらいの衝撃を受けます。

それほど、最近のブルートゥースイヤホンは進化しています

Bose sound sport free wireless [amazon]

ブルートゥースイヤホンの最高峰といえば、BOSEのワイヤレスイヤホンがあげられます。

・装着した際のフィット感

・安定したブルートゥース通信

・イコライザー内蔵によるクリアで美しいサウンド

どれひとつとっても、満足いく内容になっているので、間違いなくおすすめできるイヤホンなのですが、その分、価格もそこそこしてしまいます。

実勢価格だと2万超くらい!

それだけの価値はあるイヤホンですが、初めてのブルートゥースイヤホンデビューにしては、そこまでのお金をかけられる決断がつかない人が多いのではないでしょうか?

そんな中、最近は様々なメーカーからブルートゥースイヤホンが発売されています。

たとえばAmazonで検索すると5000円程度で、かなりの商品がヒットします。

どれも、良いレビューばかりで、よさそうなものばかり。

でも、本当に膨大なメーカーから発売されていて初心者としては

「多過ぎてどれを選べばわからない!!」

という状態に陥ってしまいます。

そこで、今回は膨大なブルートゥースイヤホンの中から、おすすすめのイヤホンを厳選して紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

Sound Peats True Free+(サウンドピーツ)★イチオシ

Sound Peats True Free+ [amazon]

実勢価格4,000円以下

Sound Peatsといえば格安イヤホンの中でも老舗のメーカーで

その音質と低価格のバランスが非常にとれた満足度の高いイヤホンを作ってきました。

結果、多くのユーザーから支持を得て、かなりの数が売れてきたのですが

商品が売れるゆえに、新商品を出すたびに商品改良をかけ

さらに良い商品がつくられるという好循環のサイクルを重ねています。

このSound Peats True Free+も、前機種Sound Peats True Freeからの改良版でありFree+(プラス)と進化した商品になります。

ブルートゥース5.0に対応、35時間連続再生などスペックだけを見ると、その他多くの低価格ブルートゥースイヤホンとかわらないのですが

実際に使ってみると、細かいつくりやブルートゥースの安定感などは

絶対的にその他格安イヤホンとは違うので迷ったらSound Peatsを選んでおくのが良いと思います。

PZX ブルートゥースイヤホン ★デザイン良し

PZX ブルートゥースイヤホン [amazon]

実勢価格3,500円

ノイズキャンセリング、AAC対応など、

この低価格帯イヤホンにしては音質にかなりこだわったコストパフォーマンスの高いイヤホンです。

それだけでも買いなのですが、Amazonで検索するとそれに近いイヤホンは結構見つかります。

そんな中、PZXのイヤホンをお勧めしたい理由は

地味なデザインが多い中で、こちらは赤いカラーバリエーションがかなりカッコいい点にあります。

サウンドだけでなく、ファッションアイテムとしても使える

カッコいいデザインのブルートゥースイヤホンを探している人は

こちらのイヤホンは数多くのブルートゥースイヤホンの中でも、ファッション性が飛び抜けて高いイヤホンですね

AiFer ブルートゥースイヤホン ★とにかく安い

AiFer ブルートゥースイヤホン [amazon]

実勢価格2500円くらい

とにかく安いブルートゥースイヤホンが欲しい!

でも、機能もこだわりたい!

という方におすすめなのがAiFerのブルートゥースイヤホンです。

数多くのブルートゥースイヤホンの中でも、完全ワイヤレスイヤホンとしては底値に近い価格設定になっていますので、ここからブルートゥースイヤホンデビューをしてみるのも良いと思います。

PSVITAはブルートゥースイヤホン・ヘッドホンがそのまま使える

PSVITA PCH-2000ZA11[amazon]

数多くのゲーム機の中で、標準機能としてブルートゥースイヤホンが接続できるのがPSVITAです。

やり方は

「設定」→「周辺機器」→「ブルートゥース機器」→あとはブルートゥースイヤホンをペアリングするだけ

と非常に簡単です。

ただし、ゲームをプレイする場合、音飛びや遅延が発生することがあるので

シミュレーションゲームなど、応答速度が遅いゲームなら問題はないですが

アクションゲームなどリアルタイムにプレイが進行していくゲームは、有線ケーブルのイヤホンが良いかもしれません。

PS4はそのままではブルートゥースイヤホン・ヘッドホンは使えない

PlayStation4 500G [amazon]

PS4にもブルートゥース機能がついていますが

ブルートゥースイヤホンを使うことができません。

ちょっとよくわからない!という話に聞こえるかもしれませんが

PS4に内蔵されているブルートゥースはキーボード、マウスなどに対応したブルートゥースであり、今回のイヤホンが接続できるブルートゥースオーディオ対応ではないのです。

そこで

Creative Bluetooth USB オーディオ専用アダプター [amazon]

そこでおすすめなのが、PS4にも使えるブルートゥースのオーディオUSBアダプターです。

遅延も低く、これがあればPS4でもブルートゥースイヤホンが使えます。

ただし、実勢価格は4,500円くらいですので

最安値のAiFer ブルートゥースイヤホンと組み合わせても7000円くらいの出費になってしまうのがネックですね

ニンテンドースイッチでブルートゥースイヤホンを使う方法

ニンテンドースイッチ本体 [amazon]

PS4と同様に、ニンテンドースイッチにもブルートゥースが内蔵されています。

ただし、スイッチ内蔵のブルートゥース機能は、コントローラ(ジョイコン)の通信部分に使っているだけで、

PS4と違い別売りのキーボードやコントローラを接続することもできません。

でも、実際に遊んでいるとどうしてもブルートゥースヘッドホンやイヤホンを使いたくなるものです。

ニンテンドースイッチ用ブルートゥースオーディオトランスミッター[amazon]

そこで、おすすめなのがブルートゥース接続を可能にするオーディオトランスミッターです。実勢価格は4,000円くらい。これもそこそこ出費はしますが、あると便利なアイテムです

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加