【PC/PS4】超リアル&対戦も楽しい!おすすめ戦車ゲームランキング

スポンサーリンク

【PC/PS4】超リアル&対戦も楽しい!おすすめ戦車ゲームランキング

今回は最近気になるゲームジャンルとして、戦車 (タンク)をテーマにしたPC、PS4のゲームをピックアップしてみました。
 
オンライン対戦プレイが可能なWorld of tanksのようなゲームから、対戦はできないもののゲームの主役として登場する「戦場のヴァルキュリア」シリーズ。そして、本物と見間違うほどのリアルさを追求した「バトルフィールド4」に登場する戦車など、実は戦車を扱ったゲームは結構あるんです。
 

 [PS4] METAL MAX Xeno(メタルマックス ゼノ)

METAL MAX Xeno [amazon]

古くは1991年に発売されたファミコンまで遡る、戦車の改造が楽しいRPGといえば「メタルマックス」その最新作がいよいよPS4に登場します。

今作では、大砲、機銃、エンジンなどを自由にカスタマイズ可能となっているので自分ならではのマイ戦車を作り上げながら旅ができるというもの。

戦車好きにはたまらないソフトのひとつです。

【PS4】戦場のヴァルキュリア4(最新作)

戦場のヴァルキュリア4 [amazon]

戦車をテーマにした超大作タイトルといえば「戦場のヴァルキュリア」

その正式ナンバリング最新作がついに登場です。

PS3で戦場のヴァルキュルア第1作が発売されて以来、PSPで2タイトル、PS4とPSVITAで蒼き革命のヴァルキュリアが発売されていますが、ファンとしては待ちに待った戦車ゲーの大本命ですね。

水彩画のようなグラフィック演出は初代ヴァルキュリアそのもの。迫力ある戦車バトルが再び楽しめそうです。

【PS4/PS3】戦場のヴァルキュリア

 

[PS4]戦場のヴァルキュリア リマスター [amazon]

[PS3]戦場のヴァルキュリア PLAYSTATION 3 the Best [amazon]

PS3以降に発売された戦車を扱ったゲームの中で、もっとも高い評価を得たタイトルが「戦場のヴァルキュリア」ではないでしょうか。

PS3版の発売以降、PSPで続編が発売されましたがPS3で新作発売を望む声は依然として高く、「蒼き革命のヴァルキュリア」の発表にあわせてPS4版のリマスター版も発売されました。

まるで水彩画のようなイラスト風、アニメーションタッチで描かれたビジュアルは、一見の価値あり。国内だけでなく海外でも発売され多くのPS3ファンを魅了しました。

PS4版リマスター、及びPS3で発売中のベスト版ともに有料DLCも同梱されているので、お得感満載のパッケージとなっています。

まだプレイした事がない方はおすすめです。

[PS4/PC]War Thunder(ウォーサンダー)

[PS4]War Thunder プレミアムパッケージ [amazon]

[PC]War Thunder プレミアムパッケージ [amazon]

ウォーサンダーは第二次世界大戦で、実際にアメリカ、ドイツ、ソ連、日本などで実在した戦車を使ったオンラインシューティングゲームです。

初心者でも簡単操作で楽しめる「アーケードモード」を収録しているので、最初に始めてみる戦車ゲームとしてはかなりおすすめです。

また、戦車以外にお戦闘機など合計700種類以上の車体や機体が登場するので、ミリタリーファンならかなり楽しめると思います。

16対16のオンライン対戦や、自分でマップやミッションも作ることもできます。

[PC]World of Tanks (ワールド オブ タンク)

 
 1920年代から60年代まで実在した、もしくは構想されていた戦車を使って対戦が楽しめるMMOタイプのオンラインゲーム。

登場する戦車はヨーロッパ、アメリカを中心に240以上。戦車というと操作が難しいイメージがありますが、普段ゲームをプレイしない人でも楽しめるゆに戦車の操作は非常に簡略化されているのがポイント。キーボードの移動キーとマウスのみでもプレイ開始できます。

2012年の時点で登録者数は4000万人以上という事で、まさしく世界規模での戦車バトルが楽しめます。

レベルの近い人とマッチングして対戦できるため、初心者の方でも気にせずプレイする事ができます。PCがあれば楽しめますので、是非、一度プレイしてみてはいかがでしょうか。
 

World of Tanks をいますぐプレイ

↓ガールズ&パンツァーとのコラボも実施中↓

[PS4]バトルフィールド4

 

EA BEST HITS バトルフィールド 4:プレミアムエディション [amazon]

世界的人気のFPS(First person shooting game)といえばバトルフィールドシリーズ。現時点でナンバリング最新作の「バトルフィールド4」でも戦車を操作して戦うことができます

毎秒60フレームで描かれるビジュアルはリアルそのもの。

64人対戦もできるのでオンラインプレイを思う存分楽しむ事ができます。

↓戦車の映像も登場しますのでチェック↓

 [PS4]バトルフィールド 1 Revolution Edition

バトルフィールド 1 Revolution Edition [amazon]

バトルフィールド最新作は第一次世界大戦を舞台。当時の戦車が続々登場します。

・最大64人オンライン対戦ができたり

・歩兵として、戦車に乗り込んで戦えたり

まさにシリーズの集大成とも言える内容で世界的大ヒットとなりましたが、その本編に「プレミアムパス」などがセットになったお買い得版が「Revolution Edition」です。

新しいマップ、乗り物、武器も収録されているので、まだプレイしていない方は是非!

[PS3]龍が如く OF THE END(オブジエンド)

龍が如く OF THE END  [amazon]

迫り来るゾンビ相手に戦う「龍が如く」シリーズのスピンアウト作品といえば「龍が如くOF THE END」。ゾンビを一網打尽にするための「配置兵器」として戦車が登場しています。
 
ちなみに「配置兵器」とは実際に動かす事はできず、固定砲台としての使用になってしまう武器になるため、実際に戦車を操作してゾンビたちを掃討できないのは残念です。
 

[PS4]グランドセフトオート5

グランド・セフト・オートV [amazon]

GTA5といえば、いまだに人気のオープンワールドゲームタイプのアクションゲーム。

車や飛行機、自転車などあらゆる乗り物を操作できるゲームですが、なんと戦車も操作する事ができます。

ゲーム内でお金を貯めて購入する事もできますが、軍関係施設から戦車を奪取する事で乗れるようにもなります。

[PS4]ジャストコーズ3 ゴールドエディション

ジャストコーズ3ゴールドエディション[amazon]

こちらもオープンワールドゲームの名作「ジャストコーズ3」。車やヘリ、飛行機など、ありとあらゆる乗り物を操る事ができますが、もちろん戦車でもプレイ可能です。

数あるオープンワールドゲームの中でも派手な破壊シーンが魅力のタイトルですので、是非、戦車を手に入れてオープンワールドの世界でプレイしてみてください。

追加DLCが同梱されて、お買い得感がアップしたゴールドエディションも登場です。

[PS4/PSVITA] ガールズ&パンツァー

[PSVITA]ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます! [amazon]

【PS4】ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ [amazon]

戦車をテーマにしたアニメといえば「ガールズ&パンツァー」ですね。
そんなが「ガールズ&パンツァー」ですがPSVITAとPS4でゲーム化されています。
 
PSVITA版の内容は戦車を操作してミッションをクリアしながら、アニメのストーリーを追体験していくというもの。本格的な「戦車ゲーム」とまではいかないのですが、ガルパン好きなら楽しめると思います。
 
一方でPS4版は最大10人でのオンライン対戦も楽しめるアクション戦車バトルゲームになっています。
 
とはいえ、本格的な「戦車バトル」をプレイしたい方は「ガールズ&パンツァー」とのコラボも実施しているWorld of Tanksもおすすめです。

[3DS/ファミコン]バトルシティ

バトルシティー [3DSで遊べるファミリーコンピュータソフト][オンラインコード] [amazon]

ファミコンで発売された2人対戦が熱い戦車ゲームといえば「バトルシティー」ではないでしょうか?自由にMAPを作って対戦できるなど、当時としては画期的な内容が人気を集めました。

3DSにダウンロード購入してプレイする事ができますので、3DS本体を持っている方におすすめです。

[android/iPhone] 戦車帝国

▼基本プレイ無料でダウンロードできます▼

[android]戦車帝国

[iPhone]戦車帝国

スマホでも最近は本格的な戦車ゲームが楽しめるようになっており、戦車好きとしては嬉しい限りです。

数多い戦車ゲームの中でも、こちら戦車帝国は200種類以上の戦車が登場します。操作は簡単、タップだけ!戦車を改造してオンライン対戦が楽しめますよ。

まとめ

というわけで、戦車が登場するゲームを集めてみましたがいかがでしたでしょうか?気になるタイトルは見つかりましたか?

ところで戦車と肩を並べて人気なのが戦艦ゲーム。当サイトではおすすめの戦艦ゲームについても、こちらで紹介していますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加