スタバでiPhoneテザリングによるテレワーク(テレビ会議)がおすすめできない4つの理由

スポンサーリンク

会社に出社せず外出先でテレワークをしている人がかなり増えました。

しかし、最近みたテレワークであまりにひどかったのは

・スターバックスで

・iPhoneのテザリング接続でPCをつないで

・テレビ会議をしている人がいたのですが

これってセキュリティ的にも、周囲への迷惑的にも、そしてネット接続的にもおすすめできた事ではありません。

スターバックスのような一般的に解放された場所で、テレビ会議をしているのは論外ですが、今回のポイントはiPhoneを使ったテザリングはテレワークにはおすすめできない5つの理由について実体験を踏まえてお話します。

本格的なテレワーク時代を迎えるにあたってスマホのテザリングではなく、ポケットモバイルWiFiがあると便利です。最近は低価格から使えるポケットWiFiも多数登場していますので、テレワークにおすすめのモデルもご紹介します。

スマホのテザリング接続によるテレワークがおすすめできない理由

スマホのデータ容量は無制限ではない

スマホの場合、50Gまで定額でデータを使える

50Gを使い切ったら、その後1Gずつ500円で追加購入できる

といったプランが多いと思います。

容量無制限ではないためPCを使ったテレワークでiPhoneのテザリングをすると、あっという間にデータを使いきってしまう場合があります。

実際にPCでテレワークをしていると大容量のデータのやりとりをしたり、会社内のネットワークに接続するだけでも結構なデータ容量を使ってしまいがちです。

スマホの場合、50Gの容量を使い切ったら追加で1Gのデータも自動購入設定できたりするのですが、自動購入設定のままテレワークをしていると、気がついたらかなりの通信料を支払わなければならなくなっていた・・・・ということもありえるのです。

スマホでゲームをしたり、ネットをみたりするためにも使用しますので、50Gという容量があっても、全部テレワークで使えるわけではありません。

よって、スマホによるテザリングはおすすめできないのです。

電話がかかってきたら対応できない

スマホ=電話ですから、電話がかかってきたらも対応しなければなりません。

スマホがVoLTE対応端末なら、テザリング中でも電話に出る事ができますが、VoLTE非対応の機種では、データ通信よりも電話の着信が優先されるため、電話がかかってきた時点でデータ通信が切れてしまいます。

つまりテレビ会議中に電話がかかってくるとテレビ会議が中断してしまうという事態になってしまうので、実用的ではありません。あくまでも緊急対応用としてのテザリング使用という範囲にとどまってしまいます。

これもスマホのテザリングをおすすめしない理由のひとつです。

スマホのバッテリーを消費してしまう

実際にスマホでテザリングをするとバッテリー消費速度の速さ感じる人も多いかもしれません。

モバイルバッテリーを携帯することである程度の対応はできますが、いざスマホを使おうと思ったらバッテリーが残りわずかだった・・・・という事態がありえるのです。

バッテリー切れほど不便なことはありませんので、これもスマホによるテザリングをあまりおすすめできない理由になります。

テレワークをしながらスマホが使いにくい

テレワーク用としてテザリングのスマホを使っていると、スマホを使った作業がしにくいという点もあります。

スマホはPCといっしょに併用するケースが多いので、常にいつでも自由に使える状態にしておきたくなるものです。

おすすめポケットモバイルWiFiルーター3選

スマホのテザリング機能はあくまでも緊急対応用であり、本格的にテレワークをするなら、テレワーク専用のモバイルWiFiルーターがあると便利です。

価格的にもそれほど高くなく入手できるようになってきましたので、今回3つのモデルをピックアップしてご紹介しましょう。

カシモWiMAX|とにかく安く始めるなら

※カシモWiMAX公式サイト

据え置き型か?それとスマホタイプの持ち運び型か?

用途に応じて選べるWiMAXです。

据え置き型はソフトバンクエアーのようなタイプで、電源を入れればすぐに使えますが、スマホのようなモバイルタイプは5G対応なので、こんなに小さくても最大下り2.7Gbpsという高速通信ができます。

5Gギガ放題プランなら速度制限も大幅に改善されているので、おすすめはスマホタイプのモバイルWi-Fiになります。

さらに詳しい情報は下記からチェックできます。

カシモWiMAXをチェックする

ブロードWiMAX|実人口カバー率99%以上!繋がりやすい

※ブロードWiMAX公式サイト

月額1900円から始められる値段も安いWiMAXです。5G回線が追加料金なしで使うことができます。

通信範囲は全国主要都市の実人口カバー率99%以上!!

全国実人口カバーは1億人、屋外基地局 20,000局を達成しているので地下鉄、地下街、空港などでも使えます。

ギガ放題プラスプランならデータ使い放題!

5GWiMAXなら最大2.7Gbpsという高速通信を実現しています。

さらに詳しい情報は下記からチェックできます。

BroadWiMAXをチェックする

クラウドWi-Fi|契約縛りなし!5G回線不要な人におすすめ

※クラウドWi-Fi公式サイト

5G回線は不要、容量無制限も不要

ビジネス用途でメール中心で使うならクラウドWi-Fiはおすすめです。

下り速度150Mbps、使える容量も上限があるけど、その代わり月額費用が安く

しかも契約期間に縛りがないので、いつでも解約できます。

さらに1日あたりのデータ利用上限はないので、

例えば100GBプランを選べば100GBに到達するまで使えます。

どうしてもデータ容量無制限、ギガ放題ばかりに目がいってしまいがちですが、

100GBあれば十分使えるので、むしろちょうどいいのです。

質実剛健!価値あるモバイルWi-Fiを選ぶならクラウドWi-Fiはおすすめです。

さらに詳しい情報は下記からチェックできます。

クラウドWi-Fiをチェックする

モバイルポケットWiFiがあれば外出先でニンテンドースイッチも遊べます

PlayStation 4 ジェット・ブラック 1TB[amazon]

ニンテンドースイッチ[amazon]

モバイルWiFiがあればテレワークだけでなく、外出先でもニンテンドースイッチのオンライン接続ができます。ちょっとした仕事の息抜きに、どうぶつの森でオンラインプレイをすることもできるというわけです。

また、自宅にネット回線がない人でもモバイルWiFiがあれば自宅、外出先のネット環境をこれ1つでまとめられてしまうというメリットもあります。

つまり既存のスマホに加えて、モバイルWiFiの組み合わせで、どこでもネットに繋げられる環境が作れるというわけです。

まとめ

今回、「iPhoneを使ったテザリングによるネット接続はオススメしない」というテーマでおすすめのモバイルWiFi端末のご紹介をしました。

今後、テレワークが一般化していくのは間違いないため、是非モバイルWiFi環境の構築を検討してみてはいかがでしょうか?

▼おすすめモバイルWi-Fi厳選3つ▼

【値段重視!とにかく安く始めたい】※カシモWiMAX公式サイト

【繋がりやすさ重視】※ブロードWiMAX公式サイト

【縛り契約なし!コスパ重視】※クラウドWi-Fi公式サイト ★おすすめ

対応タイトル800以上!あの名作をPCでプレイ

「GeForce NOW」は場所やデバイスを選ばない、全キャリア対応のクラウドゲームサービスです。登録して簡単なプログラムをダウンロードすると様々なゲームが遊べるようになります。

月額有料サービスですが、フリープランもありますので、まずはお試しプレイしておきましょう!

GeForce NOWフリープランにいますぐ登録

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加