【2020年最新版】縛りなしWiFiがテレワークやニンテンドースイッチPS4におすすめの理由

スポンサーリンク

最近、テレワークの需要が急激に高まっていますが、それにあわせてモバイルWiFiへの注目も集まっています。

自宅や外出先でのPCによるリモート業務だけでなく、ニンテンドースイッチ、PS4によるオンラインゲームでも使えるモバイルWiFiですが、初心者としては素朴な悩みがあります。それは

「いろいろな会社から発売されていて、どれを選んだら良いのかわからない」

という方に、おすすめしたいのが「縛りなしWiFi」というポケットモバイルWiFiサービスです。

なぜ「縛りなしWiFi」がおすすめなのか、その理由をご紹介しましょう。

縛りなしWiFi

縛りなしWiFiの詳細を公式サイトでチェック

 

「縛りなしWiFi」がテレワーク、PS4、ニンテンドースイッチにおすすめの理由6つ

 

Nintendo Switch 本体 (ニンテンドースイッチ)[amazon]

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01) [amazon]

なぜ、「縛りなしWiFi」がおすすめなのか6つの項目でシンプルに解説していきましょう(情報は2020年4月9日時点ですので変更があり次第、随時更新していきます)

①契約期間の縛りがない

2年契約などの「契約の縛り」がなく

最初の1ヶ月だけ利用すれば、その後、解約しても違約金が発生しません。

通常は1年、2年、3年と長期にわたって契約を締結しなければならないモバイルWiFiがある中でこれはかなり有難いサービスです。

なぜなら、どんどん世の中が変わっていく中で、1年後の収入や使用状態は予測つきませんし、新しい機種、サービスの登場など通信環境も変化していきます。

3年後の世界なんて簡単には予測できないですから、いつ解約しても解約金がなく辞められるというのは大きなメリットです。

②契約期間の縛りありプランも選べる

一方で、あえて「縛りあるプラン」もあります。

「縛りなしWiFi」ではこれを「縛っちゃうプラン」と呼んでいますが、3年契約で縛っちゃうというわけです。

その代わり1ヶ月あたりの利用料が安くなりますので、長く使うことが確定しているなら「縛っちゃうプラン」の方が安く済みます。

縛りなしWiFiの詳細を公式サイトでチェック

③1日あたりの容量制限なしプランがある

「縛りなしWiFi」では、1日あたりの使用容量制限がないプランもあります。つまり無制限でモバイルWiFiが使い放題というわけです。

ただし、「1日あたりの容量無制限プラン」は「縛っちゃうプラン」のみに現状存在します。(2020年4月時点)

よって完全なる容量無制限プランを選ぶなら「縛っちゃうプラン」を選択する必要があります。「縛りなしプラン」には1日あたりの使用容量の上限が2Gとかで決められており、それを超えると日付が変わるまで低速になるけど、月間では使用量無制限となっています。

縛りなしWiFiの詳細を公式サイトでチェック

④使用環境にあわせた豊富なプランがある

モバイルWiFiの使用用途は人によって様々です。

ノートPCでメールチェックをするだけの人もいれば

自宅や外出先でPC、ニンテンドースイッチ、PS4で大きなデータを扱ったり、動画サービスを観まくり!という人では、同じモバイルWiFiのサービスでは対応できません。

そこで「縛りなしWiFi」には使用用途にあわせて様々なプランが用意されています。

このプランの豊富さこそ「縛りなしWiFi」の魅力です。

プランがわかりにく、複雑すぎる!という意見もあるかもしれませんが、むしろユーザーのことを良く考えた結果とも言えます。

縛りなしWiFiの各種プランの詳細を公式サイトでチェック

⑤端末は佐川急便で最短翌日配送される

自宅待機で外出できない人や、お店が閉まっている中で、「縛りなしWiFi」なら自宅まで宅配便で届けてくれるので、エントリーしたら、後は待つだけです。

最短で翌日発送されるのでこれは忙しい人には非常に有難いサービスですね。

⑥お得な入会キャンペーンを実施していることがある

入会タイミングによっては不定期ですが「お得なキャンペーン」を実施している場合もあります。詳しくは下記の公式サイトでチェックしておきましょう。

縛りなしWiFi

縛りなしWiFiの詳細を公式サイトでチェック

デメリットもあり

「縛りなしWiFi」はメリットも多いのですが、一部デメリットというか、今後改善を期待したい部分もあります。

・海外で使えない

・端末が選べない(縛りあり、無制限プランの端末スペックに制限あり)

海外で使用する予定なし、特にWiFi端末にはこだわりなし!という人なら「縛りなしWiFi」でも全く問題ないでしょう。

また、縛りなしWiFiはメニューも多いのですが、それゆえに複雑でわかりにくい・・・という人もいるかもしれません。その場合は同じく縛りなしコースがある「縛りなしクラウドWiFi」も候補にあがってきます。

こちらは海外でも使えますし、コースのメニューが超シンプルなのでモバイルWiFi初心者にはおすすめなのです。

コースが超シンプルなポケットWiFi「縛りなしクラウドWiFi」がおすすめの理由5つ

「海外でも使いたい」「もっとシンプルなメニューの中から選びたい」といった人におすすめなのが、もうひとつの縛りなしWiFi「縛りなしクラウドWiFi」です。

なんとWiFiの機種も、プランも、価格もひとつしかありません。

モバイルWiFi初心者にとっては、非常にわかりやすいので、その魅力をご説明しましょう。

契約縛りなしの超大容量Wi-Fi「クラウドWi-Fi」

契約縛りなしの「クラウドWi-Fi」の詳細を公式サイトでチェック

超シンプル①:機種は1機種のみ

採用されているWiFiはAmazonで購入すると2万円くらいで買える「mobileMe U2」というモデルです。使い勝手も良く評価の高いモデルです。

他の機種は選べませんが、それゆえにシンプルなプランを実現しています。

超シンプル②:価格設定は1プランのみ

料金プランは「3,380円の1種類だけ」です。

それ以外のプランはありません(2020年4月時点)

料金も変わらないので安心して使えます。

契約縛りなしの「クラウドWi-Fi」の料金プランを公式サイトでチェック

超シンプル③:容量無制限プランのみ

容量も無制限プランのみです。

変な使い方をすれば通信制限がかかってしまいますが一般的な使用の範囲であれば問題なくつかえます。動画もPS4、ニンテンドースイッチも問題なく使えます。

詳しくはサイトでチェックしましょう!

超シンプル④:契約縛りなし(違約金なし)

最低契約期間1ヶ月を満たせば、その後いつ解約しても違約金が発生しない「縛りなし」となります。多くのモバイルWiFiが契約更新月以外で解約すると数万円規模で違約金が発生するのですが、「クラウドWi-Fi」は違約金が発生しない「縛りなし」というわけです。

超シンプル⑤:そのまま海外135カ国に対応

シンプルでわかりやすいコースが「クラウドWi-Fi」の魅力ですが、さらにそのまま海外135カ国で使えるので、海外旅行、出張の際にもう海外向けモバイルWiFiをレンタルする必要ありません。

「クラウドWi-Fi」をそのまま海外に持っていき、そこで電源オンするだけですぐにモバイルWiFiが使えます。

料金体系は国や地域によって異なりますが、1日あたり700円から2000円くらいの固定金額で使えます。

この金額はモバイルWiFiレンタルを海外旅行のたびに個別で行う金額とほぼ同じなので、都度契約する手間が省かれるというメリットがあります。

【参考:海外WiFiレンタルのグローバルWiFi

 

また海外での金額は1日単位で計算されますので、実際に海外で使わなかった日がある場合は費用がカウントされません。これは海外旅行向けのレンタルWiFiが「渡航日数を決めてその分を事前に支払ってしまう」ものに対して、非常に効率的です。

契約縛りなしの超大容量Wi-Fi「クラウドWi-Fi」

「クラウドWi-Fi」の海外費用について公式サイトでチェック

まとめ

いま注目が集まっているモバイルWiFiについてご紹介しました。

特に今回紹介した「縛りなしWiFi」はいずれもおすすめのサービスですので、ぜひ皆さんの環境にあわせて検討してみてください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加