【PS4/PS3】映画を超えた!?超おすすめアドベンチャーゲームソフト2016

スポンサーリンク

PS3/PS4でアドベンチャーゲームをプレイしよう

PS3/PS4で発売されているオーソドックスなアドベンチャーゲームの中でも、これから発売されるPS4「ライフイズストレンジ」からから、発売中の名作アドベンチャー「428」まで、おすすめのタイトルをピックアップして紹介します。近年、PS3/PS4ではジャンル市場規模的にも縮小傾向のあるアドベンチャーゲームですが、今後も新作を期待したいところですね!

【PS4】リピートアドベンチャー「ライフイズストレンジ」

ライフイズストレンジ PS4

ライフ イズ ストレンジ

ライフイズストレンジ PS4

ライフイズストレンジはプレイヤーの選択肢でストーリーが変化するタイプのアドベンチャーゲーム。まだアドベンチャーゲームタイトルの少ないPS4ではかなり貴重なタイトルですね。

プレイヤーは時間をコントロールする力を持っており、好きなタイミングで時間を巻き戻すことができるため、プレイヤーの選択をやり直すことで、周囲の人間関係をうまく築いたり、様々なトラブルを回避しながらストーリーをすすめていくことができます。

雰囲気はアメリカの学園テレビドラマをみている感じで、この手のドラマが好きな人は、すんなり楽しめそうな感じですね。

【PS4】ホラーアドベンチャー「Until Dawn -惨劇の山荘-

ps4 Until Dawn -惨劇の山荘-

 Until Dawn -惨劇の山荘- 

雪深い山荘に閉じ込められた若者達に起こる悲劇のストーリーを追体験すうrホラーアドベンチャー。ちょっとした選択や、行動が後々に大きな変化をもたらし、8人の登場人物の運命に影響していきます。

これだけを聞くと、「かまいたちの夜」を連想させる設定ですよねw

ホラーゲームなので、ゲーム全体を通してダークな雰囲気が漂いますが、この手のアドベンチャーゲームが好きな人ならおすすめ。

真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト) (特典なし) 

【PS3】ゲーム史に残るアドベンチャーの名作「ヘビーレイン」

ps3 ヘビーレイン

HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-

ハリウッド映画にありそうな、主人公の視点が切り替わっていくような主要人物4人のキャラクターを入れ替えながら凶悪事件の真相を追うアドベンチャーゲーム。
ストーリーの結末は細かいバリエーションはありますがひとつ。ただしストーリーには様々な分岐がありプレイヤーがとった行動がストーリーの進行に影響していきます。

途中で重要なキャラクターが死んでも、そこでゲームオーバーというわけではなく、他のキャラクターが引き継ぎゲームは進行していきます。

よって、2回目、3回目といった繰り返しプレイも楽しめます。

アドベンチャーゲームではありますが、ボタンの組み合わせ操作によるアクションゲーム的な要素もゲーム進行の要所に組み込まれているので、アクションゲーム好きな人も楽しめると思いますよ。

【PS3】心を揺り動かすアドベンチャーゲーム「rain」

rain

幻想的なビジュアルとBGM。街を照らす月の光。誰もいない雨の町を怪物から逃げながら、トリックを解いていくゲーム。

雨の中、屋根の下に隠れて怪物をやりすごしたり、時には距離を稼ぐためにあえて怪物に見つかって、なかなか表現がしにくいゲームなのですが、例えるならがPS2の名作ゲームICOのような感じといった方がよいかもしれませんね。

ICO

【PS3】ヘビーレイン開発チームの最新作「ビヨンド」

BEYOND : Two Souls

BEYOND : Two Souls 

ヘビーレインの開発チームが贈る渾身のアドベンチャーゲーム。ヘビーレインと同様、美麗なグラフィックに目が行きますが、海外のテレビドラマを思わせる重厚なストーリーも秀逸です。ヘビーレインを楽しめた人にはおすすめですね。

プレイヤーは霊体のエイデンと共に人生を歩んでいき、いろいろな事を体験していく感じ。
ストーリー展開次第でホラーっぽくなったり、アクションゲームっぽくなったり、このあたりはヘビーレインに近いシステムでプレイヤーを飽きさせません。

【PS3】刑事モノアドベンチャーならこれ「L.A.ルノアール」

L.A.ノワール

L.A.ノワール 

暴力と汚職に満ちた街において理想を追い詰める刑事がL.A.ノワールの主人公。ハードボイル腐敗した街を根底から揺るがす真実を暴いていくのがストーリーの骨子ですね。

目撃者を尋問したり、手がかりを探ったり、容疑者を追い詰める

といった刑事モノでありがちな展開をゲームに丁寧に落とし込んでおり、そのストーリーも膨大で、とことん楽しめます。

実売価格がかなり安いので、もしやクソゲーでは!

と思われがちですが、そんな事なく、楽しめる1本。隠れた名作といえるでしょう。

舞台設定が古き良きアメリカロサンゼルスなので、この雰囲気は好き嫌い別れるかもしれませんね。

【PS3】伝説の名作アドベンチャー「428 ~封鎖された渋谷で」

428 ~封鎖された渋谷で~

もともと2008年にWiiで発売され高い評価を得たサウンドノベル。5人に主人公視点で進行するストーリーは、選択肢によって変化し様々なエンディングが用意されています。一人の主人公の選択が、他の主人公の運命を変えてしまったり、それぞれのストーリーが連鎖しながら展開していきます。

渋谷を中心にオールロケで撮影されたグラフィックは、いま考えるとかなり無茶な撮影だったと思われますが、渋谷周辺をよくしっている方は、さらに楽しめるはず。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加