「龍が如く 極」いよいよ発売!PS4本体購入したら「龍が如く0」「維新」も おすすめ

スポンサーリンク

「龍が如く 極」発売!PS4本体も値下げで、いまが買い時!「龍が如く0」「維新」も おすすめ

PS4本体も約5000円値下げされ値段もこなれ、買いやすくなってきたこの頃。話題の新作タイトルも続々と発売されていますね。人気タイトル「龍が如く」シリーズも、「龍が如く極」がいよいよ発売されます。

PS4では「龍が如く維新」「龍が如く0」に続き3タイトル目になる「龍が如く極」。そして、「龍が如く6」の発売も決定しており、龍が如くシリーズファンは見逃せない1年になりそうです。

今回、最新作から過去の名作まで「龍が如く」の全シリーズ」を改めて振り返りながら、紹介したいと思います。

【PS4】龍が如く 極

龍が如く 極  ps4

龍が如く 極 【予約特典】PS4版『龍が如く6 (仮称) 』先行体験版DLC同梱

シリーズ累計750万本を超える「龍が如く」シリーズの原点とも言える初代PS2版「龍が如く」をベースにシナリオやプレイスポットを大幅に追加したHDリマスター版が遂に登場します。

リマスター版とはいえ、これまでのシリーズで好評だったゲームシステムはそのままにPS4のグラフィックで蘇った1本となっていますので、旧作をプレイした方も新たな気持ちで楽しめること間違いなし。

「龍が如く極」おすすめポイント

・大幅に追加されたドラマシーン、映像、プレイスポット

・桐生一馬、真島吾朗の因縁の始まりなど、新規エピソードを多数収録

・サブストーリーも追加 ・キャラクターボイスの9割を再収録

・主題歌にB’zの稲葉浩志氏を起用。龍が如くのメインテーマ曲「Receive You」が稲葉氏により生まれ変わった「Receive You[Reborn]」を含む全2曲を収録

・発売予定のPS4版「龍が如く6」の先行体験版のダウンロードコードを封入

龍が如く6(仮称)

龍が如く6 ps4

PS4で発売予定のシリーズ完全新作「龍が如く6」の最新映像が公開されています。まだ発売日の発表もされていませんが、こちらの「龍が如く6 先行体験版PV」を見る限り、実写と間違えるほどのグラフィックで描かれた「龍が如く6」はかなりの進化を遂げたタイトルになるようです。いまからも楽しみですね!

「龍が如く極」に先行体験版のダウンロードコードが封入されているとの事ですので、この体験版のために「龍が如く極」を買っちゃいそうな予感w

龍が如く0 誓いの場所

龍が如く0 誓いの場所 ps4

龍が如く0 誓いの場所

現時点でシリーズ完全新作といえば、こちら「龍が如く0誓いの場所」

これまで現代を舞台に展開されてきた龍が如くシリーズ。龍が如く見参や、維新など完全スピンアウト作品では戦国、江戸時代を舞台にしたタイトルもありましたが、「龍が如く0誓いの場所」は1988年、バブルに湧く日本が舞台というゲーム史上でも例を見ない設定になっています。1988年の「神室町」「蒼天堀」を舞台に龍が如くのストーリーが描かれます。

バブル景気といえば今から、27年前になりますが、実際にバブルの日本を知っているのは40代後半の世代ではないでしょうか?歴史モノであれば学校で学ぶ事も多いのですが1988年のバブルを学ぶ事は少ないはず。

20−30代のゲームファンにとっては、未知なる日本をゲームで体験できるゲームという事になりますね。

龍が如く 維新!

龍が如く 維新! ps4

龍が如く 維新! 新価格版

舞台は幕末の京都。人気の高かった「龍が如く見参」に続く龍が如くシリーズの歴史スピンアウト作品が「龍が如く維新」です。プレイヤーは坂本龍馬になって、歴史上の英雄たちと共にを新たな幕末史を刻んでいきます。

「龍が如く維新」おすすめポイント

なんといっても、幕末仕様に生まれ変わった幕末豪快バトルシステムが気持ちいい!
一撃必殺の太刀を繰り出したり、リボルバー式の短銃を使って敵を倒したり、はたまた武器を使わず素手だけで敵を倒したりと自由自在のバトルスタイルが楽しめるのです!もちろん「ヒートアクション」「絶技」といったシリーズお馴染みの大技も健在なので、現代版龍が如くシリーズをやり込んでいる人も問題なく楽しめますよ。

「龍が如く維新」は本編以外の部分が超楽しい

仲間といっしょにカードバトルでダンジョン探索をする「バトルダンジョン」や、農村の自宅で「農業」「釣り」などのスローライフが楽しめる「アナザーライフ」だけでも十分楽しめるので、本編クリア後も長くプレイできますね。

龍が如く 1&2 HD EDITION

龍が如く1&2

龍が如く 1&2 HD EDITION

PS2で発売されたシリーズ1、2作品をまとめてHDリマスター化。PS3のハイクオリティグラフィックでプレイできるようになったのが、「龍が如く1&2 HD EDITION」です。

「龍が如く極」には到底及びませんが、PS3でシリーズ1作目、2作目をまったり楽しみたい人にとっては超お得すぎる1本といえるでしょう。

龍が如く 1&2 HD EDITIONおすすめポイント

・1本で龍が如く1、龍が如く2がプレイできてお得

・龍が如く1、龍が如く2共にやり込み要素も多く長く遊べる

・HDリマスター化によって画面が鮮やかに!画面が明るくなった

・PS2版と比べても読み込み速度が読み込みが高速化。ストレスなくプレイできる

・PS3リマスター化によって、PS2にはなかったトロフィー機能実装

・本作のクリアデータがあれば龍が如く5、龍が如く維新、龍が如く0のゲーム内特典あり

・龍が如く2には、いま話題の「あぶない刑事」にも登場している「舘ひろし」さんも出演

龍が如く3 

龍が如く3では新たな舞台として沖縄も追加

 龍が如く3 PlayStation 3 the Best

龍が如くシリーズ3本目。それまで東京、大阪のみを舞台にしていた「龍が如く」シリーズでしたが沖縄が追加され遊びのフィールドが大きく広がったタイトルともいえます。

現在の龍が如くシリーズの基礎を築いた様々なバトルシステムや、ゲームシステムが登場したたのも、この「龍が如く3」からであり、人気を不動のものにしたタイトルともいえるでしょう。

龍が如く3で実装された機能

・シームレスバトルによりアドベンチャーシーンとバトルシーン間のロード無しでプレイ

・ 敵を追いかける、敵から逃走するチェイスバトルを実装

・ゲーム内アイテムである携帯電話を使って街で発生した様々な現象を撮影。

 それをヒントに新必殺技を編み出す天啓システム

・いまではおなじみとなったカラオケも、龍が如く3から登場

いまプレイしてもかなり楽しめる1本です。リゾート気分満載の沖縄の風景は、一度プレイすると沖縄に行きたくなってしまうこと間違いなし!沖縄の海で現実逃避ができる1本となっていますw

龍が如く4 伝説を継ぐもの

主人公4人の視点で描かれる龍が如く4

 龍が如く4 伝説を継ぐもの PlayStation 3 the Best

従来まで主人公「桐生一馬」だけでプレイするのが「龍が如く」の基本ゲームシステムでしたが、「龍が如く4」からは、桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義といった合計4人の主人公をプレイできるようになり、パラレルで進行するストーリーを楽しむことができます。

同じプレイヤーだけでは、バトルやストーリーが単調になりがちなところを一挙の解消し、それぞれのキャラクターごとにバトルシステムのやり込みや、サブストーリーを楽しむことができるようになりました。

龍が如く4おすすめポイント

・桐生一馬に加え新たに3人の主人公が追加によりアクションにバリエーション拡大

・地下道、裏道、屋上など神室町をさらに深く楽しめる

・シリーズ初となる複数の主人公の視点でパラレルに展開するストーリー

シリーズ4作目になって、そろそろネタ切れか?という不安も御構い無し!龍が如くの魅力がさらに深まったタイトル。さらにファン層が広がった作品といえますね。

龍が如く5 夢、叶えし者

アイドル育成も楽しめる龍が如く5

 龍が如く5 夢、叶えし者 PlayStation®3 the Best

複数の主人公制を採用した前作「龍が如く4」に続き、今作は「龍が如く5」ということで「5人の主人公」「東京、大阪、福岡、札幌、名古屋といった5つの都市」でストーリーが展開するシリーズ超大作ともいえる1本。

これってゲームソフトを5タイトル作っているようなもので、かなり無茶をしている感満載なのですが、こういう無茶はファンとしては嬉しい限りですねw

そして、龍が如くシリーズの楽しみのひとつでもあるミニゲームも大きくパワーアップしていますよ!「太鼓の達人」「バーチャファイター2」、実在するパチンコ・パチスロ機種までもも登場して、これもゲームソフトがまるまる入っちゃっている感じで、無茶しすぎですねw

さらにサブシナリオもパワーアップ。

もはやサブシナリオとはいえない、別ゲームとも言える各主人公による「タクシードライブアクション」「雪山猟師サバイバル」「アイドルレッスン」「バッティングバトル」を収録!

シリーズ頂点を極めたといってもいいほどの大作になっているので、ぜひプレイをおすすめいたします!

龍が如く 見参! 

舞台を戦国時代に移した龍が如く見参

 龍が如く 見参! PlayStation 3 the Best

現代を舞台にした龍が如くシリーズ初のスピンアウト作品の舞台は戦国時代。PS4で発売された「龍が如く維新」が江戸から幕末を舞台としていた一方で、龍が如く見参は、日本の歴史上、もっとも知名度が高く、人気がある戦国時代ということで、数々の剣豪たちが登場する剣術アクションゲームとなっています。

ケツメイシのテーマ曲にのって描かれる圧倒的な戦国歴史ストーリーと世界観は、龍が如くシリーズでもっともストーリーがイケている作品として熱狂的なファンも多数いるんですよね。

実現の可能性は低いかもしれませんが「龍が如く見参2」を待ち望んでいる人も多く、一度プレイするとハマりますよ!

「龍が如く見参」おすすめポイント

・テンポよく進行する圧倒的な世界観で描かれるストーリー

・従来の格闘アクションスタイルから、剣術を極めていくシステムへ刷新。

・京都の町並みを再現したハイクオリティなグラフィック

・フィールドに用意された豊富なやりこみ要素が満載

PS3初期に発売されたタイトルのため、いま、改めて見るとグラフィックの細かい部分は荒いのですが、音楽、ストーリー、世界観、バトルシステムなど、「ゲームってグラフィックじゃない」という事をヒシヒシと感じさせてくれる1本です。

いまプレイしても超面白いのでオススメです。

龍が如く OF THE END

龍が如く OF THE END PS3 the Best

「龍が如く見参」に続くスピンアウトシリーズ版。龍が如くの世界に突然ゾンビが出現し、人を襲い街を破壊し始めるという「ありえない世界」の中、いつものメンバーがショットガンを片手に立ち向かっていくストーリーになっています。

従来の格闘アクションから、シューティングアクションになった龍が如くOF THE ENDは、FPSやアクションシューティングゲームファンにおすすめしたい1本となっています。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加