PS3のソフトはPS4で使えないけど、PS5でPS4のソフトが使えるかもしれないという話

スポンサーリンク

PS5の発売日を大予想!!!2020年X月X日が超しっくりくる理由も!

PS2ではPS1のゲームが遊べました

そして、初期型PS3限定ではありますがPS1、PS2のソフトが遊べたりもしました

この流れからすると、誰もがPS3のソフトがPS4で遊べてもおかしくない!

と思ってしまうのは仕方ないのかもしれません。

しかし、実際のところPS4でPS3のゲームが遊ぶことができません

ということは、これまでPS2、PS3とゲームをコレクションしてきた人にとって

過去のゲーム資産を遊ぶためには、過去のハードをこれからも持ち続けなければならないということになります。

しかし、過去のハードは発売から一定期間経過後、部品調達が困難になることからも修理などのアフターサービスが終了となります。

PS3についても本体モデルによってバラツキはありますが、2019年5月31日をもって、ほとんどのPS3の受付が終了することがこちらで告知されています。

つまり、新ハードが過去ハードと互換性を持たない判断をすることで

いずれ過去のゲームソフトは遊びにくい状態になっていくわけです。

PS4とPS3で互換性を持たせなかった理由とは?

PS4がPS3との互換性を持たせなかったのは

メーカーとしてはいろいろな事情があると思いますが

・コスト削減、低価格で売って普及させたかった

 →XboxONEに世界市場で勝つ必要があった

・CPUにCell CPU(PS3で採用していたCPU)を使わなかった

 →メーカー側の戦略転換が理由?

   結果、PS4とPS3に内蔵されているCPUは全く別物になってしまった

・PS4の方がスペックは上だが、PS3でしかできない内部処理的な技術ハードルが残ってしまった?

 →PS3でしかできないことを残した状態では完全互換が実現でいない

とはいえ、初期型PS3がPS2と互換性があったように、コストを度外視すればPS4でもPS3互換は実現可能だったと思われます。

その場合はPS4の中にPS3のCPUや独自チップを搭載するという、ハードウェアをまるごと入れてしまうハードウェア互換するだけです。

同じようなことを初期型PS3でも実施しましたが

本体の大型化、コストの高騰、結果、販売価格の高騰を招いてしまいました。

プレイステーション3 20G [amazon]

PS2互換をもたせた初期型PS3はやっぱりデカイです。

プレイステーション3 250G [amazon]

一方、PS2互換を削除した後期型PS3は超スリム、軽量を実現!もはや別ゲーム機にしかみえません。

とはいえ、ゲーマー視点から見ると、とてもイケテナイ話でしてPS4が登場してからというもの、PS3との互換性のなさは不満のひとつでした。

そんな声に耳を傾け意見を取り入れることにしたのか

次世代ゲーム機PS5はPS4のソフトも動作する互換機能を持つ

という話も出ているようです。

PS5の予想スペックまとめ!発売日はいつ?

まだ明らかな情報が出ていないものの

ここ最近、一挙に新しい情報が出てきているPS5(プレイステーション5)

・8Kグラフィックをサポート

 →PS5の登場で8Kテレビの普及が一挙に加速する!?

  PS2が発売された時、DVDプレイヤーとしての需要を作り出し、DVDソフトがバカ売れした歴史があるため、ソニーとしてはPS5をきっかけに、8Kテレビも売りたい!という思惑が見え隠れします

・ディスクメディアでPS4、PSVRと互換性あり

 →過去ハードとの互換性が復活!

・HDDではなくSSDを採用

 →PS4のように自前でHDDからSSDに換装しなくても良いから便利

・2019年内の発売はなし

 →オリンピック合わせの2020年発売が濃厚か?

     PS5は8K対応ということで、オリンピックで8Kテレビを売りたいメーカーの思惑とちょうど重なることもあり、2020年7月に予定している東京オリンピック前に発売したいというのがメーカーの本音かもしれません。

以下が過去の日本市場における発売日なのですが、2011年のPSVITA以外は

連続した数字、またはゾロ目数字など一定規則を設けた発売日を設定しているのがプレステの特徴になります。

さらに、すべての発売日が土日のいずれかで、平日発売日がありません。

1994年12月3日(土) 初代PlayStation発売

2000年3月4日(土) PlayStation2発売

2004年12月12日(日)  PSP 発売

2006年11月11日(土)  PlayStation3発売

2011年12月17日(土) PlayStationVita発売

2014年2月22日(土)  PlayStation4発売

となると2020年オリンピックイヤーにおける数字を意識すると

2020年2月22日(日)

あたりが数字あわせ、曜日合わせの両面で非常に綺麗に収まりが良いということになります。ちょうど、これから1年後くらいPS5が出るかも!?

というわけです(あくまでも勝手な予想ですがw)

まだPS4をもっていない人は、いつ買うべきか!?

プレイステーション4本体[amazon]

いよいよPS5の話が各所から出てきたことからも、2019年6月に開催される海外のゲームショウであるE3、そして9月東京ゲームショウでPS5の情報が出てくる可能性はありますが

PS4をまだもっていない人は、安心して買いだと思います。

それにPS4はいまこそ、ゲームタイトルが充実していて

何から遊んだらいいか迷ってしまうくらいですから

Amazonで最新PS4ゲームを検索

もしPS5が2020年に登場しても、PS3からPS4に切り替わるまでに2〜3年かかりましたし、PS5はPS4互換を持たせるという情報が正しければ、PS3からPS4の時よりも切り替わりに時間がかかると予想されるためです。

つまり、ゲームメーカーはPS5専用ゲームを開発発売するよりは

PS4タイトルを開発した方がPS5、PS4の両ハードで遊んでもらえる可能性があるため

圧倒的に売りやすい状況を作れるからです。

まとめ

というわけで、今回、プレイステーション5の情報をきっかけに、いろいろ予想してみました。

個人的な予想の範囲に過ぎないのですが、発売日については、あまりにもピッタリ当てはまり過ぎて、ちょっと背筋がゾクゾクしてしまいました。

2020年2月22日(日)

本当にこの日に発売されるなら、もう1年を切っているということになるので

それほど遠くないうちにPS5による新しいゲームが体験できると考えると

ゲーム好きなひとりのファンとしてはとても楽しみでたまりません!

PS5の続報を待ちましょう!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加