【PS4モニター】厳選3モデル応答速度1msだからFPS&レースゲームにおすすめ(2017年版)

スポンサーリンク

【2017年6月21日更新】初心者必読!!ゲーミングモニター選びで重要な5つのチェックポイント

「プレイステーション4でFPSやアクションアドベンチャーゲームを楽しみたい!」

「だから自分専用のゲーミングモニターが欲しい!」

「でも、いろいろな機種がって、どれを買えば良いのかわからない!」

そういう人、結構いると思います。

手っ取り早く、かつ無難な方法としては

「売れ筋の人気モデルの中から選ぶ」

という方法もありますが、せっかくお金を出して購入するモニターですし、

一度購入したら数年はお世話になるわけですから、

自分の中で納得した製品を選びたいですよね。

そこで、PS4で初めてのゲーミングモニターを選ぼうとしている方にこそ伝えたいッ!

ゲーミングモニター選びのわかり易いチェックポイントと、

数ある機種の中から厳選したおすすめの人気モデルを3機種に絞って

徹底的に掘り下げてみました。

PS4向けゲーミングモニターにおすすめ機能ベスト5

モニターって、いろいろ細かい機能が付いているのは嬉しいけど

PS4やPS3を繋いでゲーミングモニターとして使おうと思っている方にとっては

どうでもいい機能もたくさん付いているんですよね。

そこで、ゲーミングモニターとして、

「これが付いていると便利&おすすめ」

という5つの機能に絞ってみました。

応答速度1ms高速液晶パネルを選ぼう

1msの高速応答。どんな映像もシャープに

1msって何? 特にmsって何?

普段の生活ではまったく必要ない言葉「ms」

実はこれ「ミリセカンド(milli second)というワードの頭文字をとった単位なのです。

1msとは、この数字が小さいほどディスプレイの応答速度が早いので

動きの早いゲームを遊んだ時でも、映像の遅延や残像が少なく快適な画面で楽しめるというわけです。

5msとか応答速度の遅いモニターも世の中にはたくさんありますが

ビジネスで使う分にはそれでも問題なかったりします。

でも、今回はゲーミングディスプレイを選ぼうという話ですので、応答速度はとことん速いものを選びたいところ。

というわけで、今回ご紹介するモニターはすべて1msに限定してみました。

HDMI端子は2個付きを選ぼう

PCもゲーム機も同時に接続できるHDMIを2ポート搭載

ゲームを楽しむためのモニター選びですから、本体にHDMI端子が2個付いているモニターを選んでおくべきです。

「1個あれば十分!2個付いていることで値段が高くなったら意味ないよ」

という意見も聞こえてきそうですが、ここは妥協することなく、HDMI端子2個付きのモデルを選ぶようにしましょう。

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01) [amazon]

理由はただひとつ!

ゲーミングモニターを選ぼうと思っているくらいの方ですから、皆さん複数のゲーム機を持っている方も多いはず。

HDMI端子が2個あれば、PS4とニンテンドースイッチを2台同時にモニター接続できるというわけです。

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド [amazon]

「HDMI端子が1つのモニターでも、随時付け替えればいいじゃん」

という意見もあると思いますが、

快適にゲームを楽しむためにモニターを購入するわけですから、遊びたい時に、すぐ遊べる環境つくりに絶対にこだわるべき。

「あそびたい!」

と思った時に、HDMI端子を繋ぎ換えなければならないなんて、ゲームをプレイする意欲を阻害する何者でもありません。

実際にHDMI端子1個付きから2個付モニターに買い換えてみるとわかるのですが

「超らくちん!HDMI端子1個には戻れない」

というのが本音だったりします。

なので絶対にHDMI端子2個付き以上のモニターを選んでおきましょう。

スピーカー内臓モデルを選ぼう

普通のテレビにはスピーカーは標準装備されているのが当たり前ですから

「え?ゲーミングモニターってスピーカー内臓していないの!?」

と驚かれる方もいると思いますが、もともとPC向けに開発されたモニターなので、

ゲーミングモニター風な打ち出し方をしている製品でもスピーカーは内臓していないモデルも結構売られていたりします。

正直なところ

「内臓スピーカーは音質が悪いです」

「ヘッドホン端子は付いているのでヘッドホンで音楽を聴けば問題ありません」

「どうしても、スピーカーが必要な方は、

外付けのちょっと高級なものをつけてあげた方が満足度高いです」

という事実はあるのです。

しかし、できればスピーカー内臓モデルを選んでおいた方がいろいろ便利です。

実際に使ってみたらわかりますが

「いつもはヘッドホン経由だけど、たまにはスピーカーで聴きたい!

「外付けスピーカーはケーブルが邪魔でうっとおしい!」

ということ、結構あります。

なので、必須じゃないけど、内臓を選んでおくと友達が来た時に音を出して遊びたくなることもあるでしょうし、価格もそんなに上乗せされる機能ではないし、付いていても邪魔にはならない。

あとでプチ後悔するくらいなら、内臓スピーカーモデルを選んでおけ!

というのが、おすすめする理由です。

目の疲れを軽減するフリッカーフリー/ブルーライト機能付きを選ぼう

最近のPCモニターには目の疲労を軽減する機能が盛りだくさん!

価格帯としてはミドルクラスのモデルでの搭載が多いのですが、これら新機能によって他社製品との差別化をはかろうという動きが活発です。

長時間にわたって目を使うゲーミングモニターですから、目の疲れも気にしたい!

そんな方におすすめなのがこちらの2つの新機能を持ったモニターです。

▼フリッカーレス技術▼
フリッカーとは「ちらつき」のこと

フリッカーレスとは「ちらつき軽減」というわけです。

ちらつきを抑えて、目の疲労を軽減する技術。それがフリッカーレス技術なのです。

▼ブルーライトフィルター機能▼
ブルーライトはディスプレイから発しられている光のこと。

長時間ブルーライトに目がさらされると眼精疲労や、ドライアイなどの症状を引き起こしたり、さらに体内時計が狂って寝不足になることも!

そんなフルーライトを軽減してくれる機能がブルーライトフィルター機能というわけです。

 エレコム 液晶保護フィルム ブルーライトカット 24インチ 反射防止 EF-FL24WBL [amazon]

機能を持っていないモニターでも、フィルムを購入することで同様の効果が期待できますが、別売フィルムも結構お値段しちゃいます。

ならばモニター本体にその機能が搭載されているモデルを選んだ方が結果的にお得なケースもありますし、

何よりも本体内臓ならフィルムの劣化もなし、剥がれる心配もなし

という点は大きなポイントですね。

価格で選ぼう

高くて高スペックなモニターは当たり前!

やっぱり安くていいものを手に入れたいものです。

今回、特に値段が安いモデルには○をつけてみましたので参考にしてみてください。

ASUS ゲーミングモニター 23型フルHDディスプレイ

【Amazon.co.jp限定 】 ASUS ゲーミングモニター 23型フルHDディスプレイ (応答速度1ms / HDMI×2,D-sub×1 / スピーカー内蔵 / 3年保証) VX238H-P [amazon]

応答速度1ms

HDMI端子は2個付き

スピーカー内臓

フリッカーフリー機能

ブルーライト機能

×

価格

実勢価格16,000円くらい

23インチというちょうど良い大きさ

それでいながら、ゲーミングモニターに求められる機能のほとんどをカバーしていることもあり、長い間に渡って売れ続けている大人気モデルです。

ザ・ゲーミングモニターといってもいいくらいに定番中の定番モデルです。

安心のメーカー、ASUS(アスース)ということもあり、本体もパネルも購入日から3年の長期保証。故障した場合も、ピックアップサービスまで付いているという素晴らしいアフターサポートも魅力です。

↓もう少し大きなサイズ27インチモデルもあります。

ASUS ゲーミングモニター 27型フルHDディスプレイ (フリッカーフリー / 1,920×1,080 / HDMI×2,D-sub / スピーカー内蔵 / 3年保証 ) VX278H [amazon]

Acer ゲーミングモニター KG240bmiix

Acer ゲーミングモニター KG240bmiix 24インチ/1ms/HDMI×2/スピーカー内蔵/ブラックブースト機能 [amazon]

応答速度1ms

HDMI端子は2個付き

スピーカー内臓

フリッカーフリー機能

ブルーライト機能

価格

実勢価格15,000円くらい(やすい!)

24インチというちょうど良い大きさ

カタログスペック上ではぜんぶ◯がついてしまいました。

ゲーミングモニターとして開発されたモデルであるため、ゲームジャンルに最適な映像表示設定が選べる「Gameモード(アクション、レーシング、スポーツの3つから)」を搭載

「さらにFPSとかで画面が暗すぎてすぐに倒されてしまう・・・」

という方に威力を発揮する!?黒の強弱を調節して暗い画面の視認性を高める

Black Boost(ブラックブースト)なる機能まで搭載

このモニター、超お買い得かも!?

唯一の不安要素はASUSの人気モデルVX238H-Pと比べると、まだ認知が低く、どこまで使い倒せるか実績が浅いという点。

でもお買い得感はかなり高いモニターには違いありません。

↓もう少し大きなサイズ27インチモデルもあります。

Acer ゲーミングモニター KG270bmiix 27インチ/1ms/HDMI×2/スピーカー内蔵/ブラックブースト機能 [amazon]

BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ ZOWIE XL2411

BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ ZOWIE XL2411 24インチ/フルHD/144Hz/1ms [amazon]

応答速度1ms

HDMI端子は2個付き

×

スピーカー内臓

×

フリッカーフリー機能

ブルーライト機能

価格

×

実勢価格30,000円くらい

「あれ!?その他の項目も×が多いぞ!」

それなのに、それなのに!いま大人気のモニターなのです。

理由は144Hzに対応しているところ。もう、これに尽きます!

144Hz対応とは、144枚のパラパラ漫画をイメージしてみてください。

コマ数が多いので、PCでFPSをプレイする時など、ぬるぬる動いている感を体験できるため、世界中のeSportトーナメントからも支持されているモデルとなっています。

一方で、PS4は60Hz(60枚のパラパラ漫画をイメージしてみてください)までしか

本体が対応していないため、PS4で使っても、このモニターの能力は使い切れません。

でも、ここであえて、このモニターを紹介したのは理由があるんです。

「PS4だけでなく、PCでもゲームを楽しみたい」

「でも何台もモニターを置く場所がないので1台で対応したい!」

そんな方におすすめのモニターというわけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ゲーミングモニターとして、いま選んでおきた人気3機種に絞って紹介してみました。

普通にゲーミングモニターを探している方ならがASUSとエイサーの一騎打ち。

どちらが求めている仕様を満たしているか検討してみてください。

ASUS ゲーミングモニター 23型 [amazon]

Acer ゲーミングモニター KG240bmiix 24インチ [amazon]

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加