【危険】ニンテンドースイッチライトをおすすめしないたった2つの理由(後悔しない選び方)

スポンサーリンク

値段だけで「ニンテンドースイッチライト」を選ぶと後悔します。

なぜなら、ニンテンドースイッチライトは価格が安くなった代わりに、多くの機能が削られているからです。

でも、標準型のニンテンドースイッチには無い魅力もニンテンドースイッチにがあります。

今回はニンテンドースイッチライトができること、できないことを徹底解説します。

購入した後で後悔しないように自分にあったニンテンドースイッチ本体を選びましょう!

Nintendo Switch Lite [amazon]

Nintendo Switch (バッテリー持続時間が長くなったモデル) [amazon]

標準ニンテンドースイッチ本体とスイッチライトの機能比較

まずは標準のニンテンドースイッチ本体と、ニンテンドースイッチライトの違いについて整理しておきましょう。

わかりやすいように主要スペックについて表にまとめてみました。ちなみに標準のニンテンドースイッチは2019年に発売された新型を掲載しています。

ニンテンドースイッチ(新型) ニンテンドースイッチライト
amazon販売ページ amazon販売ページ
バッテリー持続時間 約4.5~9.0時間 約3.0~7.0時間
画面サイズ 6.2インチ 5.5インチ
画面解像度 1280×720
プレイモード TVモード/テーブルモード/携帯モード 携帯モード
重量 約398g 約275g
本体サイズ

縦:102mm

横:239mm

厚さ:13.9mm

縦:91.1mm

横:208mm

厚さ:13.9mm

HD振動機能/モーションIRカメラ ×
価格 29,980円+税 19,980円+税

こちらの表で注目して欲しいのは

ニンテンドースイッチライトは「携帯モード」に特化したことで、「重量」が軽くなり「値段も安くなった」という点です。

そして「軽量化」「コストダウン」により「内臓バッテリー容量」も削減されたため、バッテリー稼働時間が標準本体に比べると短いという違いがあります。

ニンテンドースイッチライトは携帯ゲーム機に振り切ったゲーム機という点を抑えておきましょう。

ニンテンドースイッチライトができること(メリット)

ニンテンドースイッチライトのメリットはズバリ「低価格」と「軽量化」「コンパクト化」です。買い求めやすく、持ち運びやすくなりました。

・低価格

標準版のニンテンドースイッチ本体よりも1万円安く、ゲームソフト2本分に相当しますので、余ったお金でゲームソフト購入に使うことができます。

・軽量化

ニンテンドースイッチライトの重量は275gであり、標準版のニンテンドースイッチよりも30%程度軽量化され、123gも軽くなっています。

275gといえば、ニンテンドーnew2DSLLとほぼ同じ、差分の123gといえばiPhone6の重さとほぼ同じです。

圧倒的にスペックで劣る2DSLLと同じ重量まで、ニンテンドースイッチライト本体が軽量化されているのは驚きです。

・コンパクト化

軽量化に含まれるのですが、本体がコンパクトになっています。厚みは同じですが縦横の大きさが1cmから2cmほど、ニンテンドースイッチライトは小さくなりました。

その代わり液晶画面は標準版ニンテンドースイッチが6.2インチであるに対して、ライトは5.5インチになっています。

iPhone11が6.1インチ

PSVITAが5インチ

2DSLL/3DSLLが4.88インチ

となりますのでニンテンドースイッチライトはiPhone11よりは小さく、PSVITAよりは大きい画面になります。

ニンテンドースイッチライトができないこと(デメリット)

一方で、ニンテンドースイッチライトにはいくつかのデメリットがあります。標準版ニンテンドースイッチにはできて、ライトではできないことがあります。

これら「できないこと」がそれほど問題に感じなければニンテンドースイッチライトを選んでも問題ありません。しかし、これらが問題に感じる場合は購入を再検討した方が、後で後悔せずに済みます。

①テーブルモード、TVモードが使えない

ニンテンドースイッチライトは携帯ゲーム機に特化しているため、テレビ出力したり、液晶画面をミニテレビとして使った遊び方ができません。そもそもJoyConが付属していないのです。

どうやってもテレビ出力はできませんので、大画面でゲームをプレイしたい人、将来大画面でプレイする場面がありそうな人は選ばないようにしましょう。

②一部、ニンテンドースイッチライト本体のままでは遊べないゲームがある

ニンテンドースイッチライトにはJoyConが付属していませんので、JoyConを使った対戦ゲームや、リングフィットアドベンチャー、ニンテンドーラボ、フィットボクシングなどはプレイできません。

Nintendo Labo (ニンテンドー ラボ)[amazon]

リングフィットアドベンチャー[amazon]

JoyConを別売りで購入することで遊べるゲームもありますが、たとえば液晶画面そのものを組み込んで使うニンテンドーラボなどは標準版ニンテンドースイッチ専用となります。

よって基本的には「1人プレイ」もしくは「オンラインプレイ」で遊ぶゲームをするためにニンテンドースイッチライトを選ぶようにしましょう。

もし、みんなでリビングで対戦ゲームをプレイしたいなら、標準版ニンテンドースイッチを選ぶようにしてください。

こんな人はニンテンドースイッチライトを買ってはいけません

わかりやすいように、「こんな人はニンテンドースイッチライトは買ってはいけない」というリストをまとめておきましょう。

・大画面でゼルダの伝説をプレイしたい人

・家族や友達とマリオパーティーをプレイしたい人

・リングフィットアドベンチャーやフィットボクシングなど体感ゲームをプレイしたい人

・液晶画面を使ってローカル、オフラインで対戦プレイをしたい人

もし、どれかひとつでも当てはまるようでしたら、ニンテンドースイッチライトではなく、標準版ニンテンドースイッチ本体を選ぶ方が賢明です。

ニンテンドースイッチライトを選ぶ場合は、ニンテンドースイッチを買うというよりも「3DS」「PSVITA」といった携帯ゲーム機を購入するのと同じ感覚で判断しましょう。

まとめ

今回、「ニンテンドースイッチライトをおすすめしない理由」というテーマでお話しましたが、一方でニンテンドースイッチライトは様々なカラーバリエーションが用意されています。地味な黒ではなく、好きな色から選べるのも人気の秘密であり、特に女性ファンからは絶大な支持を得ています。

もし、みなさんが「一人プレイしかしない」「携帯性を重視する」ならニンテンドースイッチライトは賢い選択となるはずです。

ぜひ、自分のプレイスタイルにあったゲーム機を選んでくださいね!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加